Googleが広告制作のツールとして、「Google Web Designer」を無償で提供することを始めたそうです。

screenshot_477

米Googleは2013年10月1日、HTML5のオーサリングツール「Google Web Desinger」のβ版の公開を開始した。

PC向けアプリケーションの形態になっており、現時点で、Mac OS X 用、Windows用の提供が確認できている。
screenshot_480

「Google Web Designer」の最大の特徴は、Adobe社のFLASHを彷彿とさせる直感的なツールで、HTML5およびCSS3といった周辺技術で広告素材を作成できる点。

DoubleClickおよびAdMObの広告に対応しており、ツールで新規素材を作成すると最適な素材サイズを選択できるようになっている。

アニメーション作成には「クイックモード」と「アドバンス」という2つのアニメーションモードを搭載しており、簡単にシーン間のつなぎをアニメ化できるほか、素材一つ一つに対し動きを設定することも可能。

 

ウェブ制作では、Adobeのツールが有名ですが価格が高くどうしても導入しずらいという状況がありました。その中で、広告制作ツールという位置づけですが、このようなツールが発表されることで、制作者のすそ野が広がるのは良いことなのだろうと思います。

HTML5を使うということで、通常のウェブ制作でも部分的には使えるのかなと感じます。ちょっと使ってみようか検討しようと思っています。

これで、うまく使えるようなら使ってみても面白いかもしれませんね。

 

・Google Web Designer
https://www.google.com/webdesigner/

Post Navigation