STAP細胞と小保方さんの件、それはひどくないか?

いっときは、スターに祭り上げられていた小保方さんですが、「理研」という組織のスケープゴートになったのでしょうか?

マイナビニュースでは、このよううに記載しています。

理化学研究所(理研)の小保方晴子氏は4月1日、理研が設置した「STAP細胞」の論文にかかる一連の疑義に関する調査委員会が3月31日付で最終調査報告書を作成したことを受け、コメントを発表した。

同コメントでは、「研究不正」の対象外となる「悪意のない間違い」であるにもかかわらず驚きと憤りの気持ちがあるとし、その決定に承服できないことから、近日中に不服申し立てを行うとしている。

また、あたかもSTAP細胞の発見そのものがねつ造であるかのような誤解を与えかねず、到底容認できないともコメントしている。

私は、今回の一連の騒動の中でいくつか疑問に感じることがあります。

  1. 論文の記述に課題があったとして、そもそもSTAP細胞は存在するのか?
  2. 「理研」が発表したとき、「なぜ」今回の事象を見抜けなかったか?
  3. 「理研」は、なぜ小保方さんだけの責任とするのか?

わたしは、研究者ではないので、その世界の慣習はわかりません。しかし、一般的なビジネスにおいて、上司は部下の仕事について責任を持ちます。

とくに今回のように、上司もプロジェクトメンバーとなっているのであれば、プロジェクトの進行責任は本人にあると思いますが、結果責任は上長である幹部が負うべきではないかと感じます。

JR北海道の不祥事では、社長や会長が辞職しました。これらの事件に直接指示をだしたわけではありません。広くとらえれば、「社風」を作りあげた責任なのでしょう。

そのように考えれば、理事長の「野依さん」もある種の責任を感じるべきであり、能天気に小保方が悪かったですましてはいけないのではないかなと思います。せっかくのノーベル賞が穢れた印象に変化してきているのをご自身は感じないのでしょうか?

小保方さんが間違ったことをしてるのであれば、それは正すべきだと思いますがすべての責任を小保方さん一人に押し付けるのはいかがなもかと思いますし、STAP細胞が誤りとする空気も不適切だと感じます。

そもそも、個人で責任を取るべき発表であれば「理研」が発表全体をコーディネートするひつようもないですし、個人の資格で発表し、その結果の名誉も個人で受ければよいだけですので。

ちなみに、小保方氏の調査報告書に対するコメントは、以下下のようなものです。(原文のまま)。

 

調査委員会の調査報告書(3月31日付け)を受け取りました。驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。特に、研究不正と認定された2点については、理化学研究所の規程で「研究不正」の対象外となる「悪意のない間違い」であるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません。近日中に、理化学研究所に不服申立をします。

このままでは、あたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません。

(1-2) レーン3の挿入について

Figure1i から得られる結果は、元データをそのまま掲載した場合に得られる結果と何も変わりません。そもそも、改ざんをするメリットは何もなく、改ざんの意図を持って、Figure1i を作成する必要は全くありませんでした。見やすい写真を示したいという考えからFigure1iを掲載したにすぎません。

(1-5) 画像取り違えについて

私は、論文1に掲載した画像が、酸処理による実験で得られた真正な画像であると認識して掲載したもので、単純なミスであり、不正の目的も悪意もありませんでした。

真正な画像データが存在していることは中間報告書でも認められています。したがって、画像データをねつ造する必要はありません。

そもそも、この画像取り違えについては、外部から一切指摘のない時点で、私が自ら点検する中でミスを発見し、ネイチャーと調査委員会に報告したものです。

なお、上記2点を含め、論文中の不適切な記載と画像については、すでにすべて訂正を行い、平成26年3月9日、執筆者全員から、ネイチャーに対して訂正論文を提出しています。