Facebookアカウントを使う人に朗報。怪しいアプリには「匿名ログイン」が可能になる。

Facebookアイコン

Facebookは、Facebookアカウントを使ってログインするする人が、個人情報を渡さずに「匿名」状態でログインできるサービスを発表したそうです。

Facebookアカウントでのログインって結構増えていますが、Facebookでは、本名な各種個人情報を登録しているので、お試し登録をしてみたいウェブサービスなんかでは、正直使うのが怖かったりします。はじまったばかりのサービスでは、いつそのサービスが終了し、個人情報が漏れるかわからないですから。

多分、そのあたりのリクエストが多かったのでしょう。この匿名ログインでは、個人情報がわたらないようですので、スマホアプリや各種ウェブサービスでFacebookアカウントが使いやすくなりそうです。

ちなみに、インターネットウォッチではこのことを以下のように報じています。

米Facebookは4月30日、サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「f8」で、Facebookに登録されている個人情報を渡さずにサードパーティアプリを試用できる「匿名ログイン(Anonymous Login)」を発表した。

モバイルアプリやウェブアプリでは、Facebookのアカウントを使ってログインする「Facebookログイン」の仕組みが広く使われているが、これを匿名で利用できる仕組みを提供。アプリに個人情報を渡すのが不安だというユーザーからのフィードバックを受けたもので、この仕組みによりユーザーが安心してアプリを試用できるようになり、アプリについて理解した後は通常のFacebookログインに切り替えられるため、利用者の増加が期待できるとしている。

現時点では、複数の開発者と匿名ログインのテストを行っており、今後数カ月でさらに多くの開発者に提供する予定だとしている。

「匿名ログイン」ボタンとログイン画面

通常のFacebookログインについても、アプリに渡す情報をより細かく設定できるコントロール機能を追加。友達リスト、メールアドレス、誕生日といった項目ごとに、アプリに情報提供するかを設定でき、これらの情報を使ったFacebookへの投稿はユーザーの許可なしにはできなくする。

新しいFacebookログインの仕組みは、今後数カ月ですべてのユーザーに展開するとしている。

アプリに渡す情報が細かく設定可能に

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140501_646713.html

いままで、個別にアカウントを作っていたウェブサービスがFacebookアカウントで統一管理できると便利ですし、各種情報の渡し方をコントロールできるようですので期待できますね。