イオンが、月額1980円で端末も手に入るプランを発表しました。これならばガラケーとの2台持ちでも月約4千円ですむかもしれません。

このイオン端末、現在の旬なスペックからすると見劣りするのですが、Android自体は最新のの4.4を搭載しているし、CPUはクアッドコアなので、普通に使っている分にはそこまでスペックの低さを感じることはなさそうです。

インターネットウォッチでは、今回のイオンの取り組みを以下のような記事にしています。

イオン株式会社は、ビッグローブ株式会社との協業により、音声通話に対応したSIMと3G対応スマートフォンをセットで7月4日より発売する(7月1日より予約開始)。価格はSIM・端末込みで1980円(税別。通信サービス料の月額1350円と24回払いによる端末代の月々の支払額630円の合計)。

「イオンスマホ」の第2弾として、30秒あたり20円(税別)の音声通話と月間通信容量1GBのデータ通信に対応したSIM「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」と、株式会社ジェネシスホールディングスが展開する「geanee」ブランドのスマートフォン「FXC-5A」をセットで提供するもの。新規契約に加えMNPでの契約も可能だ。

通信は3Gのみで、下り最大14Mbps。月間通信量が1GBを超えた後は128kbpsでの通信となる。また、直近72時間以内に120MBを超えた場合、通信制限を行う場合があるとしている。100MBにつき300円で追加容量をチャージすることも可能。

有料サポートとして「イオンスマホ安心パック」を提供。端末の不具合時に電話で対応する「イオンスマホ保証サービス」が月額250円(税別)、スマートフォンの使い方から接続設定、トラブルに電話でサポートする「イオンスマホ電話サポート」が月額300円(税別)、キングソフト製のセキュリティソフト「イオンスマホセキュリティ」が月額150円(税別)で提供される。

販売ルートは、イオン、ミニストップなど全国447店舗。一部店舗では、スマートフォン端末本体のみの販売も行う。販売目標は5万台。

通話料金は、いままでの設定どおり高いままですし、3Gというハンデがありますが、不具合のときに電話でサポートを受けられるというのは、初心者にとってうれしいのではないでしょうか。

それに、ミニストップでスマホが買えるのは、驚きではないですか?

ミニストップに在庫されるのでしょうか?

スペックも言うほど悪くはないかなと感じます。もちろんヘビーユーザーにとってはしょうもないレベルですが。

イオンスマホ第2弾!月額1980円の格安スマホ

型番
FXC-5A WH(ホワイト) FXC-5A BK(ブラック)

OS
Android 4.4

CPU
MT6582M 1.3GHz (クアッドコア)

メモリ
FLASH ROM : 4GB DDR2 RAM : 512MB

ディスプレイ
5.0インチ 解像度:960×540 QHD
マルチタッチ 静電容量式

SDカードスロット
デュアルSIM [標準SIM×1 microSIM×1]

USB端子
microSDカード×1 (最大 32GB対応)

イヤフォン端子
3.5mmイヤフォンジャック

カメラ
背面:500万画素 (CMOS) /前面:200万画素 (CMOS)
LEDフラッシュライト有

センサー
GPS / A-GPS / Gセンサー / 近接センサー /
加速度センサー / Eコンパスセンサー

通信方式
3G W-CDMA 2100/800MHz GSM 1900/1800/900/850MHz

無線LAN(Wi-Fi)
IEEE802.11b/g/n 準拠

Bluetooth
Bluetooth version 4.0 LE +EDR

電源
充電式リチウムポリマー電池2000mAh / USB給電(DC5V/1A)

サイズ
約(W)71.7mm × (D)8.5mm × (H)144.2mm ※突起部除く

質量
約 133g (電池パック含む)

動作温度・湿度
温度:-10~ 50℃ 湿度:最大80% (結露なきこと)

いろいろ使い込んでゆくと、もっさり感やアプリが入らないなどのことが出てくるのでしょうか。いままで、ネットかメールしかしなかった人であれば、十分なのかな。

 

どうですか?

Post Navigation