office365の個人向けバージョンが発売されます。

マイクロソフトからoffice365の個人向けバージョンが発売されます。office365というと企業ユースが主体でした。しかし、マイクロソフトはoffice製品全体をofice365にしてゆく方針の中で、個人向けにも提供をはじめるようです。

インターネットコムが記事にしていますので、紹介します。

日本マイクロソフトは、日本市場向けに最適化した個人向け「Office Premium プラス Office 365 サービス」(Office Premium)と「Office 365 Solo」(サブスクリプションサービス)を、10月17日に発売する。両製品とも日本市場でのみの販売。
Office Premium は、Office プレインストール PC と、クラウドサービスである Office 365 の利点を組み合わせた、日本独自の製品。パートナー各社の PC と Surface Pro 3 に搭載する。
最新版 Office デスクトップアプリケーションを PC にプレインストールし、購入した Office Premium 搭載 PC を利用している間は、永続的に無償で最新版 Office にアップデートできる。
1年間有効の Office 365サービスで、オンラインストレージ OneDrive 1TB、マルチデバイスでの Office 製品利用(iPhone、Android、iPad)、Skype 月間60分無料通話(公衆回線向け)などが利用でき、これらは2年目以降、Office 365サービス(Office Premium 搭載パソコン専用)を5,800円(税抜参考価格)で購入すると、サービスを継続利用できる。

また、Office 365 Solo はサブスクリプションサービス(1年ライセンス)で、契約期間中は無償で最新版 Office にアップデートできる。Office 365サービスで、オンラインストレージ OneDrive 1TB、マルチデバイスでの Office 製品利用(iPhone、Android、iPad)、Skype 月間60分無料通話(公衆回線向け)などが利用できる。
価格は1万1,800円(税抜参考価格)。

このサービスであれば、これからパソコンを買う人はこのoffice Prumiumを利用したほうが得かもしれませんね。office premumのアップデートがどのようなものになるかわかりませんが、今までのバージョンアップに相当するものであればかなりお得なのではないでしょうか?