液晶ディスプレイの昨今

液晶ディスプレイが、壊れたようでな昨今です。PCを立ち上げてもディスプレイが表示せず、電源のON/OFFを行ったところで一瞬は点灯しますがすぐ消えるという状況。

Google先生に聞いたところ、どうもコンデンサ周りの部品故障の可能性が高く自分で交換できればわずかな金額ですむのですが、裏板があかずに断念。新しくディスプレイを購入することにしてネットで検討してみました。

一時期は、結構ディスプレイを販売していたメーカーも撤退しているところが多いようで驚きました。さすがにEIZOはありますが、三菱は撤退していたのですね。
また、安い価格帯でも台湾系や韓国系がほとんどで、どのあたりの評価が高かったりするのか調査中です。

そんな中LGのディスプレイはコスパが良さそうなのを発見。以下のようなスペックで、かなり心が動いています。

「カラーウィザード」機能では、画面上で一部の色を調整することによって、1型色覚・2型色覚のユーザーが色を区別できるように配色するモードを搭載した。眼精疲労の原因とされるフリッカーを抑える「フリッカーセーフ」機能、画面が発するブルーライトを減らす「ブルーライト低減モード」のほか、バックライトの光を抑えて消費電力を減らす「スマートエナジーセービング」なども備える。

低解像度の映像をアップコンバートする超解像技術「SUPER+ Resolution」では、白浮きを少なくしてクリアな映像を出力。最大4画面に分割表示が可能な「Screen Split」や、ディスプレイを並べてスマートフォンのカメラでキャリブレーションを行う「Color Cloning」といった機能も搭載した。Color Cloningでは、新しいディスプレイと古いディスプレイで色合いの自動調整が行える。

主な仕様は、解像度が1,920×1,080ドット(フルHD)、液晶パネルがAH-IPS方式、視野角が左右/上下ともに178度、輝度が250cd/平方メートル、コントラスト比が5,000,000:1、応答速度が5ms(GTG)。映像入力インタフェースはHDMI×1、DVI-D×1、D-sub×1。

 

入力端子が3種類ある点やIPS液晶、それに画面を分割できる機能などが便利かなと思っています。