欲しい!願わくば無料が!旅行に必須の時刻表がアプリになった。

JR時刻表を出している交通新聞社がJR時刻表の内容をアプリにしてリリースしました。最初は、無料ですが継続的に利用する場合には有料となるようです。

たとえば、必要な月だけ購入することはできるのでしょうか?毎月は必要ないけど、出張や旅行に行くために時刻表を買うというニーズはなんだかんだ言ってありそうなので、そういう使い方ができると嬉しいです。

交通新聞社は、同社の提供する「JR時刻表」の情報を閲覧できるiPad/Androidタブレット端末向けのアプリを、5月28日より提供する。14日間の試用は無料で、その後は960円/30日~(税込、以下同)。7月31日までは、利用料480円/30日~に値下げするキャンペーンを実施する。

「デジタルJR時刻表」は、同社が紙の月刊誌として提供している「JR時刻表」と「MY LINE 東京時刻表」の情報をベースとして、レイアウトなどをそのままに、タブレットで閲覧しやすいように機能を追加したアプリ。

表示できるデータは、「JR時刻表」と「MY LINE 東京時刻表」に掲載されている全情報で、時刻表、路線図はもちろん、JR営業案内や観光情報なども閲覧できる。また、新幹線とJR特急について、定期列車の全座席配置の情報も収録している。

時刻表や路線図はフルカラーで表示され、拡大表示も可能。特定の列車名や種別毎に絞り込んだり、特定の乗降駅の発着列車のみを表示したり、路線図をタップすることで時刻表や駅の情報を表示したりといった、デジタル版ならではの閲覧を便利にする機能が搭載されている。ブックマーク機能やマーカー機能も利用できる。

「デジタルJR時刻表」画面イメージ

ICカード料金にも対応した経路検索機能や、時刻表画面での運行情報表示といった、乗換案内アプリで一般的な機能も実装されている。

時刻表データの更新については、紙の時刻表に準拠している。毎月20日前後の紙の時刻表発売から、約3日後にデータが配信される。同社では、大規模災害後の臨時ダイヤなど、緊急性を要する情報については、随時更新するとしている。

アプリをダウンロードしてから14日間は無料で全機能を使用できる。試用期間経過後は、アプリ内課金によって利用料を支払う。料金は、960円/30日、5400円/180日、9800円/365日となっている。

同社では、リリース記念キャンペーンとして、アプリリリース時から7月31日までの間に課金することで、利用料が480円/30日、2800円/180日、4800円/365日となるセールを実施する予定。