自分がある1社のMVNOに固定化されてから、関心度が著しく下がったのですが、最近はDMMがどうもがんばっているようです。

DMMといえば、出自が微妙だったのでこのようなSIMやFXなどを利用したくても個人情報を提供するのに躊躇してしまうのですが、そのあたりはちゃんとしているのでしょうか。

株式会社DMM.comは2日、同社のMVNOサービス「DMM mobile」に3プランを追加した。また、データSIM 1GBプランの価格改定を行ない、月額基本料金660円から630円に値下げした。

追加されたプランの月額基本料金と最大通信速度は以下の通り。

ライトプラン
データSIM 440円、通話SIM 1,140円、上り下り200kbps
15GBプラン
データSIM 4,570円、通話SIM 5,270円、下り225Mbps/上り50Mbps
20GBプラン
データSIM 6,090円、通話SIM 6,790円、下り225Mbps/上り50Mbps

ライトプランは3日間の合計通信料が366MBを超えると帯域制限される場合があると言う。15/20GBプランには最大3枚のSIMで容量を分け合えるシェアコースが用意されている(1枚追加につき700円の追加料金が発生)。

DMMは、今回のプラン追加により、業界最多の20プランと業界最安を謳う。また、今後他社が同等プランをDMM Mobileよりも安値で提供した場合、さらに安いプランを提供していくとしている。

Post Navigation