Yahoo!の電子マネーサービス「Yahoo!マネー」ですが、リアル拠点をもたないけど大丈夫?

Yahoo!Japanは、電子マネーサービスを始めると発表しました。まずは、ヤフオクなのYahoo!が提供するサービスへの利用からはじめてリアルの決済へも参入するという意向のようです。

すでにICカードを使った電子マネーサービスは、消費者にとっては選択肢が多すぎる状態になっていると感じられる中、新規参入者としてどのような付加価値をつけてゆくのでしょうか。現実的には、電子マネーは生活圏での利用できる店舗の数によるところが多いと感じるので、そのあたりの課題をどのように乗り越えてゆくかがひとつのテーマだと思います。

 

「Yahoo!ウォレット」の新施策ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)は、オンライン決済サービス「Yahoo!ウォレット」の新たな決済手段として、銀行口座から決済代金が即時に引き落とされる「預金払い」と、電子マネーサービス「Yahoo!マネー」を追加すると発表した。

「預金払い」は、サービス提供開始日より、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ジャパンネット銀行、および地方銀行20行と、計25行に対応する予定。また、三菱東京UFJ銀行も年内の対応を検討している。
「Yahoo!マネー」は、利用登録を行うと「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」「LOHACO(ロハコ)」での買い物に1円単位で利用できる電子マネー。チャージは「預金払い」に対応している銀行口座から100円以上1円単位で行える。
また、「ヤフオク!」で出品した際の落札代金を「Yahoo!マネー」で受け取ると、いつでも落札代金の2%が「Yahoo!マネー」として上乗せされるほか、「ヤフオク!」での落札、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO(ロハコ)」での購入の際に「Yahoo!マネー」で支払うと、落札代金または商品本体価格の1%分の特典を獲得できるキャンペーンも予定している。
「預金払い」および「Yahoo!マネー」は、当初は「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」およびアスクル株式会社が運営するインターネット通販サービス「LOHACO(ロハコ)」で導入を行い、その後、今秋を目処に「GYAO!」「Yahoo!ゲーム」など、Yahoo! JAPANが提供するほかのサービスでも導入する。
また、「Yahoo!ウォレット」では初となるリアル決済への参入準備も進めており、2017年春を目標にサービスを開始する予定だ。
このほか、同社は割り勘・個人間送金の機能に特化したiPhone/Androidアプリ「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」の提供も予定している。