Rubyの2.0.0を入れてみましたので、その手順。

こちらのブログを参考にさせていただきました。
http://d.zeromemory.info/2012/03/16/install-ruby-rails-for-sakura.html

インストール方法

% mkdir -p ~/local/src/

%cd local/src/

% wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p0.tar.bz2

% tar xzvf ruby-2.0.0-p0.tar.bz2

% cd ruby-2.0.0-p0/

% ./configure –prefix=$HOME/local

% make && make install

こんな感じでやったら、一発で入りました。
ただ、このバージョンを指定して実行するには、現状では /home/hoge/local/bin/ruby のようにフルパスで指定しなければならないのでちょっと不便。
このあたりは、おいおい修正して行こうと思います。

なぜ、こんなことをしたかというと自作のrubyスクリプトを実行しようとしたところ、エラーとなりました。
ローカル環境では、問題なかったので違いを考えるとrubyのバージョンが違っているのを思い出したので、新しいバージョンを導入した次第です。

Rubyのマニュアルをスマートフォンでも閲覧しやすくなるようにしたバージョンを以下のURLにアップしましたので、よかったら使ってみてください。

【Ver2.0.0版】
http://digitalnomad.net/rubymanual/2.0.0/

【Ver1.9.3版】
http://digitalnomad.net/rubymanual/1.9.3/

まだ、表示をスマホサイズにしただけですので、たいしたことはしていませんが、これから少しずつ改善したいと思います。

Post Navigation