PHPのPear/Pagerライブラリでのカスタマイズ方法のメモ
curPageSpanPreとかは、通常ブラケットなどを入れるのが一般的だと思いますが、ここにHTMLタグをいれることによって現在ページの表記デザインをCSSで操作できるようにしています。
また、それ以外のリンク要素についてもdiv class=’page’の設定をすることでCSSで装飾できるように調整していいます。

//ページング処理
        print "<div class=’page’>";
    require_once("Pager/Pager.php");
    $options = array(
      "totalItems" => (hogehoge),
      "delta" => 15,
      "perPage" => hogehoge,
      "curPageSpanPre" => "<span id=’curPage’>",
      "curPageSpanPost" => "</span>",
      "prevImg" => "前へ",
      "nextImg" => "次へ"
    );

    $pager =&Pager::factory($options);
    $navi = $pager -> getLinks();
    print($navi["all"]);
    print "</div>";
//ページング処理終了

参考にしたページ

http://www.phpbook.jp/pear/pear_pager/index11.html
http://www.phpbook.jp/pear/pear_pager/index9.html