Yahoo!Japanとブックオフが資本・業務提携をしました。TVなんかでも取り上げられていて、「大ニュース」的な扱いですが、ニュースでおわらないのでしょうか?

Yahoo!は、ポータルとしての役割、そしてヤフオクの機能を提供する。ブックオフは、買い取る機能を利用するということのようです。

ブックオフのチェーン全店で買い取った商品を「ヤフオク!」で販売する仕組みを構築する。

提携により、ヤフオク!上にブックオフ専用ストアを開設し、ブックオフ店舗にある中古本の販売をヤフオク!上でも展開する。現在、ヤフオク!上には約200万冊の中古本の取り扱いがあるが、2016年度までにこの5倍となる1000万冊を目指す。さらに、CDやDVD、ゲームソフトなど、中古本以外の商品についてもヤフオク!で販売していく。

いまでも、ブックオフは他の店舗の在庫状況がわからなくて、店員の聞くと、その店に電話しか方法がないなどの答えが返ってきたりすます。それに、自分の店の在庫ですら整理されていない状況で在庫い書籍の情報をネットに登録することができるるのでしょうか?

もし、全国のブックオフの在庫DBにアクセスして、ヤフオク経由でかえるなら、利用者は増えるかもしれませね。

逆に、売る場合はブックオフが買い取って、ブックオフ自身がヤフオクで高く売るしくみならば、自分でヤフオクに売る方が得です。ネットでその基準に漏れたものしか持ち込まれないようにならないのでしょうか?

「セドリ」とよばれる、古本屋で市場価格より安い本を買って、他の人に転売する仕事をしている人がいます。それをしている方の仕入元がブックオフの100円均一本だったりするので、この仕組みがうまく回ると「セドリ」業者の方は結構こまるのかもしれませんね。

また、ブックオフのチェーン店をヤフオク!のリアル拠点としても活用。ブックオフ店舗内に「総合買取受付窓口」を7月に設置し、これまでブックオフでは取り扱っていなかったホビー、アパレル、ブランド品、雑貨などのジャンルに買い取りを拡大し、買い取った商品をヤフオク!に出品する。

合わせて、ブックオフで行っている携帯電話の買い取りも強化。現在、ブックオフチェーン店全体で年間約15万台の携帯電話の買い取りを行っているが、常時100万台を目指し、これもヤフオク!での販売を進めていく予定。

ブランド品の買取ですか。携帯電話はいまのブックオフでもやっていますが、それも強化。しかし、それらは専門店もありますし、趣味性が高ければ目利き的な要素も大きくなるので、なかなかブックオフのようなところでは難しいのではないかと感じます。

Post Navigation