どうもWindows8の先進的すぎるインターフェースは、嫌われているようで、次のバージョンアップではスタートボタン「Windowsボタン」らしきものが復活しそうらしい。

スタートボタン復活──MicrosoftがWindows 8.1の機能を紹介
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/31/news048.html

私自身は、Windows8を購入しながらも、いまだWindows7を使い続けてアップグレードする勇気もないのでこのニュースは、良いニュースとしてとらえています。人は、どうしても長く親しんだインターフェースには、依存してしまいます。「ボタン」は、押すようにできているというように・・・。これは、アフォーダンスともいうのですが、ものそのものに行動を規定することがあるようなのです。

今回の「スタートボタン」はアフォーダンスとは、ことなりますがやはりWindowsPCには、スタートボタンが慣れ親しんだものとして存在してると思います。それは、マウスを使うインターフェースでは必然であったのだと思います。Apple然り、Linux然り・・・。

WindowsPCを使う主目的の一つが、ビジネス用途である限り、すべての作業をタッチで行うというのは無理があります。エクセルのセルを選択するのをすべてタッチで行うというのは、非効率だと思いますし。その中で、マウスを使った作業の必然であった「スタートボタン」をなくしてしまったのは、マイクロソフトのミスのような気がします。このような変化は、一気におこなうものではなくて、少しずつの変化の中で実現してゆくものではないでしょうか。

アップルなどのタブレット端末は、いままでの延長線上ではなく全く新しい商品・サービスとして登場したから受け入れられたのであって、マイクロソフトがバージョンアップできないまったく新しいOSとしてWindpows8的なものを提供するのであれば、受け入れられたかもしれませんが、既存のコンテクストを保ったままの進化では、ユーザーとしては受け入れがたいものだたのだと思います。私も、どうも厳しい見方をしてしまいます。それ以外の起動スピードが速くなたなどの情報を見るとバージョンアップしたいとも思うのですが、どうもこの使いかがっての変化には躊躇します。

今回の変更で、ユーザーがどのように動くかが注目ですね。

 

unconference、unschool、unworkなど「un」を付けると従来の概念から自由になれる?
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20130528/1091843/

「un」ということばを頭につけるのが流行ってきていますよ。というレポート。

アップルのおかげで、小文字の「i」を何かと名詞の前に付けることが流行った(iPhone、iPadなど)。これと同じ頃から「un」という文字を単語の前に付けることも広まり始めた。

記事内でこんな感じで書いていますが、そのむかしには「e」を付けるのが流行っていました。代表的なのは、IBMの「e-business]ですね。

まあ、その時代時代に流行るものがあるのだと思います。「e」を付けたときは、従来のビジネスとくらべて「電子化」されているところが強みになるよね。ということでエレクロロニクスの「e」が使われていたと思います。そして、個人にツールやガジェットを楽しむというのと「internet」のダブルミーニングでアップルは、「i」を使ったのでしょう。

 ということは、「un」はどのような意味があるのかということは、今までの既成概念をうち破るという意味で「un」を使っているようです。景気の波が不安定な今は、既成概念にとらわれれずに、もっと異なった味方で既存の文化や考え方を再定義する試みなんだと思います。

ファッション業界では、いままでのファッションを打ち破るような意味合いで「un」がついたものを使っていたことがあるように記憶していますので、その発想そのものは「un」ではないのかもしれませんね。

実際、本当に「un」であったらもしかした誰にも理解されずに、終わっているかもしれないし、その方が本当は、「un」だったりするのかなと思います。 

IABからHTML5ディスプレイ広告のガイドラインが出ました
http://hiroya.typepad.jp/blog/2013/05/iabhtml5-ca73.html

HTML5 for Digital Advertising 1.0: Guidance for Ad Designers & Creative Technologists
http://www.iab.net/html5

IABというインターネット広告の標準的なながれを作っている団体が、HTML5でディスプレイ広告を作るときのガイドラインを発表しました。
バナー広告がインターネットではじまったときは、468×60ピクセルぐらいだったと思うのですが、このあたりを仕様化したのもこの団体だったような気がします。

いまは、インタラクティブな広告をいうとFlashがまだまだ多いと思いますが、ウェブサイトでは、バリバリのFlashサイトというも最近は減ってきてHTML5で実装しているところなどが増えてきているながれを見ると、このガイドライン策定は、ディスプレイ広告にHTML5が増加するきっかけになるのでは、ないでしょうか?

現実問題として、Adobeはモバイル向けのFlashの開発を中止しましたし、レスポンシブWebが増えてきてPC/モバイルともに同じコードで動かそうとするとFlashは、使えなくなります。そのサイトがメディアサイトであれば、広告だけFlashが展開されているというのも結構おかしな感じになると思います。
そして、その広告の効果が高まるとは、思えませんので…。

そのようなトレンドを考えて行くと、 制作サイドもFlashの技術を磨くのではなく、HTML5やJavaScriptでの表現を磨く方がメリットが大きくなりそうですね。

 

 

ファミリーマートも無料Wi-Fiサービス、全国8000店で「Famima Wi-Fi」開始
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130528_601211.html

こんなニュースが、入ってきたけどNTTデータって何か公衆無線LANスポットって運営していたでしょうか?

会員登録すれば無料でつかえるようですが、ローソンやセブンイレブンは、公衆無線LANのサービスと相乗りしているので使い勝手が良いような気がしますが、もし完全独自のスポットだと利便性が少なくなるような気がします。

このサービス、もうちょっと調べてみたいと思います。

追記

ファミマのサービス案内ページ
https://www.family.co.jp/services/famimawi-fi/index.html

  こちらには、「docomo Wi-fi」についてという項目がありますので「docomo wi-fi」系の設備になっているのかもしれませんね。

いまどきメールに添付OKな「ファイルの容量」は何MBまで?

http://ascii.jp/elem/000/000/789/789348/

 

 

 

以前は、メールサーバのスペックが低かったり、ネットワークの回線が細かったりして、メールの添付ファイルの大きさについてシステム管理者やサーバー管理者から事前に通達がありました。

私自身でも、当初は1MB以下とか、5MB以下とかの制限が結構多かったきます。

それに、昔はエクセルとかワードとかのファイルサイズもそれなりに小さかったような気がしますが、最近は扱うデータが増えるにしたがってそんなサイズは軽くオーバーしてしまう、ケースが多くなっています。

それでも、オーバーしてしまうケースでは、臨時のストレージを使っていたかと思いますが、こちらも会社によっては使用禁止になっていたりするかと思います。

こんなにいろいろありますね。

ストレージサービス(ファイル転送)
サービス名 会員の種類 料金 登録 転送容量 最長保存期間
宅ふぁいる便 会員登録なし 無料 不要 50MB 3日間
プレミアム会員 無料 必要 300MB 3日間
ビジネスプラス会員 525円/月 必要 3GB 7日間
データ便 ライトプラン 無料 不要 100MB 3日間
フリープラン 無料 必要 300MB 3日間
ビジネスプラン 315円/月 必要 1GB 7日間
Firestorage 未登録会員 無料 不要 250MB 7日間
無料会員 無料 必要 250MB 7日間
ライト会員 990円/30日 必要 2GB 7日間
プラス会員 1490円/30日 必要 2GB 7日間
正会員 1990円/30日 必要 2GB 7日間
Giga File便 会員登録なし 無料 不要 2GB 7日間
クラウドサービス(ファイル共有)
サービス名 会員の種類 料金 登録 保存容量 最長保存期間
DropBox 無料 無料 必要 2GB+最大18GB 無制限
Pro $9.99/19.99/49.99/月 必要 100/200/500GB 無制限
チーム向け $795~/年(5人~) 必要 1000GB~ 無制限
SkyDrive 無料 無料 必要 7GB 無制限
+20 800円/年 必要 27GB 無制限
+50 2000円/年 必要 57GB 無制限
+100 4000円/年 必要 107GB 無制限
Google Drive 無料 無料 必要 15GB(Gmail、Google Drive、Google+写真の合計。現在順次対応中 無制限
25GB $2.49/月 必要 25GB 無制限
100GB $4.99/月 必要 100GB 無制限

※広告の非表示、海外版の利用、ストレージ保存、専用サーバー、SSLサポートなど、上記サービスに付随するさまざまなサービスを各社取り入れている。

最近は、サーバのスペックもあがってきたので意識しない場合も結構あるかと思いますが、まだまだモバイルなどでは細い回線のケースも多々あるので受け取り手の状況を考えて送った方がよいですね。

米Yahoo!、Flickr無料アカウントの保存容量を1TBに拡張
http://www.rbbtoday.com/article/2013/05/22/108244.html

米Yahoo!がFlickerについて、新しい発表をしています。Tumblrを買収しようとしてみたり、ちょっと慌ただしい米Yahoo!界隈ですが、これはユーザーにとっては良いニュースなのかもしれません。

Googlechromeの機能拡張でFireshotというのがあるのですが、これのオンラインでの共有サービスとしてFlickerが選択肢にあったりします。Flickerそのものは一応アカウントをもっていますので、とりあえずつこれを選択します。

こんな感じで、一時期は、写真共有サービスの代表選手でしたので海外のサービスなんかだと選択肢にFlickerが入っていたりましますし、neiverまとめの画像共有でもFlickerは選択肢に入っていたりしますので、これからどのよう変化するのかが楽しみです。

最近は、元気がない感じでしたからね。

 

auが夏モデルを発表したけど、4種類だけ
http://www.au.kddi.com/mobile/product/selection/

 一時期は、auはアンドロイドで頑張ります!的な発言をしていましたが、とうとう儲からないのかモデル数を絞り込んでの発表となりました。
やはり、iPhoneしか売れないのでしょうか?それとも、iPhoneを売らないとアップルとの大人の事情的な問題があるので、アンドロイドにもう力を入れる余裕はないということなのでしょうか?

個人的には、auを長らく使っていて(ガラケーですが)もっといろいろな意味で頑張ってほしいキャリアなのですが、最近はどうも端末的な魅力もあまりないし、だからといってiPhoneは、ソフトバンクとどっちでもよい感じだしどうも、auだからという選択肢がでてこない気がします。

auの端末を買っても、いわゆるMVNOのサービスを利用できるわけではないし、だからといって料金が安いわけでもないので最近MNPで他のキャリアへ移動しようかなとおもったりします。

個人的には、まだガラケーというのは必要なのでガラケーの端末をたまには新しく出してほしいなというのは希望です。 

Google App EngineにPHP登場
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/20/028/index.html

GoogleAppEngineにPHPが登場するらしいです。最初にPython、次にJava(だったかな)が登場したあとは、なかなか他の言語では利用できない状態が長く続いていたように思いますが、ようやくLL系の代表選手的な存在である、PHPが登場するらしいです。

これにあわせて、フレームワーク周りがこの流れに合わせて、従来のMySQLやSQLiteでの動作だけでなく、GoogleAppEngineのDBでも使えるようになるとこれは「便利」ということになって、もうちょっと利用される流れが出てくるのでは、思ったります。

GoogleAppsを使ったりする場合には、このあたりの環境を使うと都合がよさそうな気がするので、ちょっと期待します。

あとは、rubyを使えるようにしてほしいところです。

 

NTTドコモが夏モデルを発表しました。
公式サイトとニュースは、以下のとおり。

ニュースリリース
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/05/15_00.html

スペシャルサイト
http://www.nttdocomo.co.jp/product/2013_summer_feature/index.html

各ニュース
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20130515/1090423/

http://ascii.jp/elem/000/000/788/788798/

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1305/15/news162.html

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130515_599537.html

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130515_599140.html 

で、今回の目玉は、ツートップ戦略といって売れ筋のエクスぺリアとギャラクシーを販売推奨機器として、販促金を積んで売ってゆこうという戦略なのだけれど。MNPについては、すでに一括0円のスマホが売られていても、負けている現状から考えると、ちょっと見通しが甘いのではと考えます。

そもそも、一括0円となるような販促費がドコモから出ているのかわかりませんが、今、iPhoneを逆転できる可能性があるのは、商品ではなくて、ネットワークの品質と意外性のある安さのような気がします。iphoneは、たしかにおしゃれだし、ファッション性も高い、そして持っていると自慢できる系統の端末だと思います。

しかし、スマホ全般に言えることですが、パケットの費用が高く、通話料金は青天井となっているルールの中では、製品的な魅力が強いiphoneに顧客が流れてゆくのは当然だと考えます。個人的には、Android端末も十分に魅力的だと思いますし、いろいろ自由度がある感じでは結構好きだったりします。

そうすると、商品の魅力でどうしても負けてしまう場合には、他の内容で競争を仕掛けて行かなければなりません。一般的は、価格競争と付加価値戦略が多いとは思います。NTTドコモは、減ってきたとはいえまだ既存ユーザー数では、他の2社の合計程度のユーザー数を抱えています。つまり、業界のトップ企業なのです。そこで、リーダーが取りえる戦略として、既存客を逃がさないコストリーダーシップ戦略をとる必要があると、考えます。

現在、携帯電話を使っている人でスマホへ移行しない人は、現在のMNP優遇の中で機種変更をするためのきっかけがなおのだと思います。現状、既存客を見捨てたような割引額である上に、変更したら支払う通信費が高くなるというのではまったく変更するメリットが感じされません。

そこでの変更するための切っ掛けが「iPhone」です。そうです、料金は高くなるけど、他人との比較において優位性を獲得できると感じるからです。それだけの、商品力がある端末は、正直現在のラインナップには無いと言わざるを得ません。

そうならば、既存の携帯電話を今の段階でスマホへ積極的に移行させてキャリアロックインをさせる戦略が正しいのではと考えいます。
具体的には、現在の携帯電話と同じ料金プランでスマートフォンを利用するこごができるようにさればよいのではと思います。現在のハードルの高さが初期費用と継続費用の双方であるなら、まず継続的な料金プランを下げる必要があるかと思います。そのうえで、既存顧客にも実質費用が0円で移行できるような施策が展開できてれば、悩んでいる人は、とりあえずNTTドコモを選ぶのではと思います。

その上で、アプリケーションサービスを展開して収益を上げるビジネスを展開してゆけばよいのではとないでしょうか。

 

狙われた「使い回しアカウント」
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/14/news006.html

不正アクセスのニュースが最近多いですが、みなさんはパスワードをどのように管理していますか?

このニュースを読むとどうも、パスワードの複雑性というより、同じパスワードの使い回しの方が危険とのこと。私自身も、パスワードを使いまわしているところがいくつかあり、結構身につまされる気分で読んでいました。

ただ、こんだけウェブサービスが増えるとどうしても、IDとパスワードは同じものを使いまわしてしまいたくなります。忘れないように、パスワード管理ソフトなんかも使っていますが、アクセスするたびにそのソフトのお世話になるのはちょっと面倒な気がしてしまいますし。

パスワード管理ってもう少し、よいソリューションって出てこないのですかね。