先日、MovableType4(MT4)をインストールしたのですが、そのときの記録です。

MT4は、以前のMT3とくらべて、インストールがウィザード形式になり簡単と
思い込みすぎていたのが、そもそもの誤りでした。

最初のmt-configファイルの設定まで、ウィザードで行われると勘違いしており
最初のステップで、/mt-static/ディレクトリが見つからないと怒られ
FTPでファイルをアップロードするときに何か忘れたファイルがあるのかなどと
考えてしまい、あらためてファイルのアップロード作業などを行ったり
しました。

ただ、なんのことはない「mt-config」ファイルの設定項目

CGIPath

を自分の環境にあわせて書き換え、DB設定の場所で自分の使うDB以外の
場所をコメントアウトすれば、良いだけでした。

(無論、DB項目は、自分の設定に合わせて書き換えるのはいうまでもありませんが・・・)

これで、セットアップは完了したのですが、気のせいか管理者画面の
動きが重く感じられます、今回は自分のサーバということもあり、
いままでとは、異なった環境なので単純に比較はできませんが、他の
ブログなどでも結構、この管理者画面の重さについは、書かれていたので
このことかという気がしました。

このブログは、wordpress で構築しているのですが、機能が割合単純な分、
ブログとして運営してゆくのであれば、こちらの wordpress の方が良いかなという
感じでがしました。

ただ、仕事ではどうしてもMTの方がメジャーなので、提案しやすいのはこちら
の方の気がしますけどね。

先日、Tracをインストールしたとの記事を書いたのですが、これが結構大変でした。

導入方法をぐぐってみたところ、だいたいが

apt-get install trac

の一発でOKというようにかいてあったので、そのとおりにやってみるとどうもエラーが
吐き出され、パーミッションがないと・・・。

そこで、ディレクトリ関連のパーミッションをあらためて設定しなおしましたが
こんどは、別のエラーが吐き出され、スタート画面になりません。

多分、このTracを使う人は、その前にsubversionを使っていた人が多いのかもしれませんが
私は、リポジトリにデータをインポートしてみたところ、スタート画面が表示され
いままで、何日も悩んでいたのはいったいなんだったんだろうとおもいました。

また、英語版の動作確認がとれたところでインタアクトさんが配布している日本語版を
入れてみることにしました。
これは、入れる場所を変え、シンボリックリンクを張るケースが紹介されていましたが
アップグレードなどを考えると、面倒は少ないほうがよいので、デフォルトのパスへ
インストールすることにしました。

apt-get remove trac
unzzip trac-ja-**
cd trac-ja-**
./setup.py install

この作業で、日本語版としてのインストールは完了です。

こちらは、英語版インストール時の苦労と比べると、課題はクリアになっていたので
実質的な問題はありませせんでした。

いま、レンタルサーバは、さくらインターネットのサービスを使用しているのですが、複数ドメインを使う場合、メールボックスが共通になってしまうのがちょっと不満でした。
そこで、いまさらながらGoogleAppやWindowsLiveカスタムドメインに申し込んでみました。

申込自体は、それぞれそんなに難しくはなく言われたとおりにやればOKです。

ただ、mxレコードの設定のところでどうしてもDNSまわりの知識が必要になってくるということで結構とまどいました。
ときに、wwwサーバはさくらインターネットでの運用を続け、メールとグループウェア機能(Googleカレンダーとか)だけを使おうとしたので、その振り分け方で結構、試行錯誤がありました。

結論は、とりあえず希望の形で運用できているみたいなのでOKかなという感じです。