genyです。

いつものこのブログに書いているテーマとは、方向性が違いうのですが「自然気胸」になりましたので、そのことについて。

自然気胸は、以下のように肺の空気が漏れて、肺自体が小さくしぼんでしまう病気です。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/107A0100.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%83%B8

http://www.jikei.ac.jp/hospital/kashiwa/sinryo/40w_case_03_3.html

で、私は3回目の自然気胸となってしまったのですが、今回はまたちょっと大変でした。

1回目は、なんだかわからないうちに「自然気胸」と言われて入院。

2回目は、「自然気胸」のような気がして病院に行って検査をうけたら実際にそのようになってて治療。

今回は、いままでと違う気がしたのですが、検査の結果「自然気胸」という診断となり、治療。

他の方は、どうしているかはわかりませんが、2回目と今回は、入院せずに、体に「脱気」用の管をさしたまま外来通院で治療というパターンになっています。1回目のときは、器具もチューブも太かったのですが、2回目と今回は、携帯用の器具があり、これを体に固定しています。もちろん、チューブを刺しているので痛みはありますし、普通に行動ができるわけではありませんが、静かな活動(このようにブログを書くとか)やあとは、会社での事務作業であれば治療しながらでも気を付ければ、可能になっています。

このあたりの器具の進歩は、すごいものがあります。

2回目のときは、会社でその話をしたところかなり驚かれました。

かかると、かなり息苦しくなりまた痛みも強いので、かなりつらいのですが、ちゃんとした処置をしてもらうと治るものですので、そこまで恐れることはないと感じます。また、再発防止のためには、タバコは厳禁となっているのですが、実際2回目のときまでは、ときおりタバコを吸ってしまっていました。その後、辞めてと再発してしまうというのは、私自身の中では非常に残念なところです。

 

genyです。

いま、仕事のサイトでGoogleAnalyticsを使っています。このサイトでも使っているcontactform7も導入しているのですが、お問い合わせ終了のコンバージョンを計測しようといろいろ調べてみています。

実在するページでカウントする方法は

on_sent_ok: “location.replace(‘サンキューページのURL’);”

でどうにか動いたのですが、やはりここはJavaScriptを使ったトラッキングが美しいかななと考えててトライしてみましたが、うまくいきません。
いろいろ調べてみると、GoogleAnalyitics+contactform7でのトラッキングには同期版と非同期版があり、どうも最近は非同期版が推奨されているようです。(このあたり詳しく調べ切れていません。詳しい方は、コメントいただければ・・・)

で、同期版トラッキングコードと非同期版非同期版トラッキングコードはこんな感じです。

同期版トラッキングコードの場合

on_sent_ok: “pageTracker._trackPageview(‘/URL/thanks.html’);”

非同期トラッキングコードの場合

on_sent_ok: “_gaq.push([‘_trackPageview’, ‘/URL/thanks.html’]);”

それぞれ、いれてみましたが目標としてカウントされないし、アクセスとしてもカウントされないようなので困ってしまいました。

どうも、このコードの書きかかたh誤っていないようのだけれど、何が誤っているのか・・・。

もっと調べてみて解決したら、ここに追加したいと思います。

このブログの個別べーじの右側にPaypal(「ペイパル」ね)でコンテンツ課金の仕組みを作ってみたよ。

1.ペイパルでのアカウント作成をします。

2.アカウントにログイン。

3.決済サービスのタブから「PayPalウェブ ペイメント スタンダード」のもっと詳しくを選択

4.「単一商品の販売」のいますぐ作るを選択

5.「商品名」のところに見出しとなる文章を入れます。

6.価格/オプションのドロップダウンメニューのチェックボックスを選択

7.そうするとプルダウンメニュー用のフィールドが表示されるので、適宜入力する。

8.ステップ3の「配送先住所が必要ですか?」の項目をいいえにする。

9.画面したの「ボタン作成」をクリック

10.遷移した画面でボタン貼り付け用のソースコードが表示されるので、これをコピーしてブログに貼り付けます。

見た目は、OKと思いためしにクリックすると

Data does not match input character set or default encoding. For more information, please contact the merchant.

とのエラーが表示、Google先生に聞いてみると、文字コード関連のエラーらしい。
いくつか見つかった中で、以下のブログが修正方法をわかりやすく書いてあったので参考に修正。

http://www.web-matrix.jp/wordpress/?p=3768

ただ、今の管理画面では、個人設定->販売ツール->Paypalボタンの文字コード化―>ここで「日本語」を選択し「詳細オプション」までいくと文字コードを選択する画面にたどりつきますので、ここで「UTF-8」を選択して「保存」します。

これでボタンをクリックしても、エラーがでなくうまく決済画面へ遷移するようになりました。

お役立ち度に合わせて、3種類の金額を用意しましたので、この記事のお役立ち度に合わせて支払っていただければありがたいのです。

アフィリエイトではなく、このようにコンテンツ自身に支払う発想が広がれば、個人ブロガーとかももっと増えそうなきがするんだけどな。

 

 

 

2. サーバにgitリポジトリを作成する

mkdir git
cd git
mkdir PJname.git
cd PJname.git

git init –bare –shared

3. サーバへpushする
git push ssh://sshxxx.lolipop.jp:2222/home/users/1/(ユーザ名)/git master

4. サーバからcloneする
git clone ssh://ssh030.lolipop.jp:2222/home/users/1/(ユーザ名)/git

5. その他
サーバ リポジトリの変更点をローカル リポジトリに取り込む
$ git pull

 

< ?php>
var_dump('$data');
< ?>

一時期ダイソーで、山積みされて売っていたロディア風メモですが、在庫がなくなって探してみたところどこにも売っていない。

いくつかの店舗や大規模店でも探したがどうにもなかったので、店員さんに現品を持っていって尋ねてみました。

そうしたら「2011年に廃番に、なっています。最近は、メモ帳には力を入れていないのです。」との答え。

結構、重宝していたので残念です。

もういちど復活してほしいものです。

ダイソー版ロディア風メモ「メモNo.349」

今日の新聞を見ていたら以下の内容と同様の記事を見つけました。

日本MS「ウィンドウズXP」 サポート終了の告知強化

ウィンドウズXP 1年後サポート終了 ウイルス感染危険性高まる

実際のところネットに詳しい方は、いまさらというところではありますが、業務で使っている会社では今までつかっていたアプリケーションが使えなくなるおそれや、アップグレードに関する費用負担が重く、いままでのばしのばしになっていたのではないでしょうか。

比率でも、約4割程度がまだWindowsXPを使っているという結果がでているようです。

私のいた会社ででも、WindowsXPを使い続けていましたし・・・。

現在のバージョンは、Windows8ですが、これもインターフェースががらっと変わって評価が分かれている中導入に踏み切りづらいかもしれませんが、このタイミングで、IT資産関連の棚卸をして、見直すのによい機会ではないかなと思います。

インフォメーションラボでは、ITコンサルティングや「オフィス365」の導入支援などを中心とした様々なサポートを行っていますので、この機会に利用してみてください。

格安SIMとしてIIJmioの増速が発表されたり、NTTコムがOCNのサービスとして980円SIMを売り出したり最近賑やかな格安SIM界隈ですが、そのあたりの情報を自分用にメモしてみます。

まずは、2ch関連

IIJmio 高速モバイル/Dサービス 945円 SIM63枚

ASAHIネット LTE part1

・NO.1・NTT.com OCN モバイル エントリー d LTE 980

OCN モバイル エントリー d LTE 980 SIM1枚目

ニュースでは、いろいろ出てきています。

Googleニュースの検索では、こんな感じ

他にはこんなブログも

[Mobile]半日の逡巡で乗り換え損ねた「OCN モバイル エントリー d LTE 980」

【追記あり】「OCN モバイルエントリーd LTE 980」がAmazonで販売開始!

LTE MVMOで迷っているなら絶対これ!OCN モバイル エントリー d LTE 980を契約するべし!!

NTTコム、モバイル通信『OCN モバイル エントリー d LTE 980』を販売開始、1日30MB以降は最大100kbpsへ

まだ、実際に購入した人のレポートは出ていませんが、IIJmioついては、増速前から200kbps近くでていたのに増速後も似たような速度しかでていないということで、落胆している人も結構いるみたいです。
ただ、200kbpというのは、格安SIMの中でも早い方なので、これはこれで満足する人も結構いるのではないかなと思います。

OCNの方は、30MBというのと、使い切った後の100kbpsがどう評価されるというところですね。30MBという点は、それぞれの使い方に依存するところだとは思いますが、つい買い切ったあとの100kbpsは、周りが128kbpsが結構あるなかでは遅いかなという気がします。そうは言っても実際の速度が、IIJmioの時のように、200kbps近く出ているのであれば、もうこれしかないという感じになるのだとは思いますが。

実際に購入した人のレポートが早く見たいところです。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003337

購入は、Amazonのみとなっているので以下からどうぞ。ただ、今日(4月9日)現在、人気沸騰中で品切れとなっています。

日経新聞に掲載されてからネットでもどのようなものか話題になっていたNTTコミュニケーションズの格安SIMがアマゾンで販売されたています。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 標準SIMパッケージ T0003336

このSIMは、1日30MBまでのデータ量制限がついていて、それを超えると100kbpsへ速度が制限されるものとなってます。
IIJmioが200kbpsまでの増速を発表したこのタイミングでの速度としては、あまり早くないという印象ではありますが、30MBまでは通常のLTE端末としてつかえるようになっています。

つまり、それぞれの使い方で1日30MB以下しかつかわないよ。という人であれば、このSIMは絶対買いとなるものなのでしょうが、30MBというのは全然足りないじゃんという人にとっては、実はIIJmioとかの方がメリットが大きいのかもしれません。

ただ、最近の格安SIMの傾向では、1GB/月 というパターンが多いことを考えると、1日30MB×30日で900MBとなるので結構よい選択しなのかもなあとも感じたりします。

今は、IIJmioを使っていますが、乗り換えようか結構まよっています。



4月1日にServersMan@VPSのスペックがアップされました。
メモリが1Gにアップされたので、さくらVPSと比べても結構魅力的なプランになっている気がします。

さて、私も迷っていますがどちらかを契約しようと思っています。