循環取引などで、渦中の企業であったインデックスですが、とうとう民事再生法を申請したようです。

金融商品取引法違反の疑いで強制調査を受けたインデックス(ジャスダック上場)、民事再生法の適用を申請

帝国データバンク 6月27日(木)17時3分配信

(株)インデックス(TDB企業コード986753504、資本金393億7946万3930円、東京都世田谷区太子堂4-1-1、代表落合善美氏、従業378名)は、6月27日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は大塚和成弁護士(東京都千代田区丸の内3-4-1、電話03‐5218‐2084)ほか。監督委員は長島良成弁護士(東京都千代田区五番町5、電話03‐5276‐1321)。

当社は、1995年(平成7年)9月に設立。携帯電話などのコンテンツ企画制作を手がけ、2001年3月には店頭市場(現・ジャスダック)に株式を公開。その後は積極的なM&Aで業容を急拡大し、2005年8月期の年収入高は約107億600万円を計上。2006年には会社分割で新設した子会社に事業を移管して、(株)インデックス・ホールディングスに商号を変更。グループ持ち株会社となり、2008年8月期の連結年収入高は約1235億3500万円を計上していた。

しかしその後は、急激に業績が悪化したことでグループ各社の再編・統合を進める一方、2009年3月には日本振興銀行(株)との間で株式相互保有による資本提携を行い、2010年1月から中小企業振興ネットワークに加盟したものの、日本振興銀行の経営悪化から7月に脱退。その後、連結子会社の(株)インデックス並びにゲーム関連の(株)アトラスを吸収合併し、また、2010年12月には(株)インデックス・ホールディングスから(株)インデックスに商号を変更。以後もグループの再編を進め、2012年8月期の連結年収入高は約183億1500万円、単体では年収入高約108億3300万円に落ち込んでいた。

そうしたなか、循環取引で売り上げや利益を水増しした粉飾決算を行っていたとして、6月12日に証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで当社本社や関係先を強制調査する事態が発生。債務超過を回避し、株式上場を維持するために関連会社、取引先など100社以上が循環取引に関わっていたなどとも言われ、急激な信用収縮が起こり、自主再建が困難となった。

負債は約245億円。

なお、今年に入って上場企業の倒産は、(株)東京カソード研究所(東京都、3月民事再生法、ジャスダック)に次いで2社目。負債額は、カブトデコム(株)(北海道、4月特別清算、負債5061億円)に次いで2番目。

まあ、循環取引に手を染める段階で、先は長くないと思われます。ですが、インデックスといえばサイバードとならんで、iモード界の立役者てきな立場であったと思いますので、非常に残念であると共に、諸行無常を感じるわけであります。

 

キングソフトオフィスの新バージョン「Kingsoft office 2013」が発売されました。
http://www.kingsoft.jp/office/

それって何という方もいるかと思いますが、いわゆるマイクロソフト互換のオフィスソフトになります。ワードやエクセル、パワポが開ける上に販売価格が3つのソフトで約5000円程度ど非常に安くなっていて、個人的に使うなら結構使えるソフトになっています。

もちろん互換ソフトとはいえ、すべてが同じではありませんので会社で作成したデータを送って開いてみると表示の崩れなどが出てくるとこもあります。ただ、安いので個人的に購入しておいても悪くないかなと感じるほど、結構完成度は高くなっていると思います。

詳細は、サイトを見てもらうとよいのですが、見た目もマイクロソフトのオフィスに似た表現になっているので、違和感なく使えるとこともメリットかと思ます。

 以前購入したASUSのノートPCにバンドルでライセンスがついていたので、時折使っていたのですが、アプリ起動が若干もたつくところがあって気になっていたのですが、今回のバージョンでは、起動が早くなっており、これであれば使ってもよいかなと感じる仕上がりになっています。

また、エクセルの行が100万行近くの表示に対応したことで、ビッグデータとはいかずとも大きいデータを扱っている方々でも満足いくようになっていると思います。

http://www.kingsoft.jp/office/product/spreadsheets.html

UIもマイクロソフトオフィス2013とは、ちょっと違うのですが、フラットUIに近いデザインながら結構洗練されてきて、これはこれで使って楽しくなるようなデザインだなと感じています。

olo5.jpg

これを機会に使ってみると良いかもしれませんよ。
ただ、マイクロソフトオフィスと同じではないというところを理解しないとがっかりするところがあるかもしれません。 

Mozilla、「Firefox 22」を正式公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130626_605181.html

http://www.mozilla.jp/firefox/22.0/releasenotes/

Firefoxの新バージョン22が正式公開されました。今回は、JavaScriptエンジン回りで変更があったようで、いままで以上ににスクリプトの高速化が見込めるようです。

FirefoxOSやHTML5が普及してくると、いままで以上にスクリプトとしてのJavaScriptの重要性が高まるのは間違いないと思いますので、その実行速度が改善されるのは非常に好ましいと感じます。

実際に、ウェブサイトを利用していてもページの表示は、完了しているように見えるけど裏側のスクリプトエンジンが何かやっていてUXや快適さのようなものが損なわれるケースって最近多いように感じます。

= それにしても、FacebookのPCサイトをchromeで見ていると、どうもフリーズした感じにちょくちょくなるのだけどどうにかならないのでしょうか。

昨今は、chromeを使うことが非常に多いのですが、Firefoxも好きなブラウザですので改良してゆくのはうれしいところです。
ただ、もっとシンプルで軽いブラウザというのが減っているのが不満ではありますが・・・。 

 

ソニー、5,000mAhに強化した厚さ9.4mmのポータブルバッテリ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130624_604916.html

http://www.sony.jp/battery/products/CP-F5/

ソニーがポータブルバッテリーは発売するそうです。いままでは、安心できる国内メーカーというとパナソニック(旧サンヨー)という実質1拓状態だったのですが、ソニーも販売するようです。

私自身は、ソニーがポータブルバッテリーを売っていたという記憶がないので、新規参入かとも思ったのですが、過去にはノートPC向けのリチウムイオンバッテリーを各社に提供した時代もあっと思いますので、いままで出していなかったのが不思議なぐらいだと思います。

これで、競争が起きて便利になるのは良いことだと思いいますので各社がんばっていただければと思います。

 

 

 

Googleの電話番号を通知するサービスでの表現方法が変わったよというニュースです。

GoogleアドワーズのClick to call(クリックトゥーコール)オプションの表示形態が変化
http://sem-labo.net/blog/2013/06/14/0834/

こちらのブログは、時折のぞいたりして情報収集に役立たせていただいているのですが、これはと思ったので紹介させていただきます。

上記の画像を見ていただければ良いのですが、左側が従来のもので、右側が新しく変わったあとのもののようです。
私自身は、グーグルの検索結果を見て電話をした経験がないので、どちらが正しいという判断を下せないと思いますが、UIとして考えたときには確かに右側がベターな表現なのかなと感じます。

従来の左側の表記では、電話を掛けるのか、ただのリンクなのかがわかりにくく混乱させる(電話のマークはありますが)通常のリンクと同様の下線が引かれているところから、無意識にクリックしてしまう人も多かったのでは、と感じます。それが、電話を目的としてれば目的に合致した行動なので問題ありませんが、目的と異なっていると誤ったクリックとなり、出稿側でも無駄なコスト負担となり、また利用者側もUIに対する不満が高まっていたと推測できます。

右側のデザインでは、明らかに電話をかける人しか選択しないように、他のボタンなどとは話して配置されていて、かつスマホの電話のUIとも類似したデザインで表現することで、電話をかけるという行為をアフォードできているのではないかなと感じます。

Googleなどの企業でも、このような変更が日々繰り返されているという点で、インターフェースデザインというのは、まだまだ発展途上なのだということをあらためて認識します。

みなさんは、どのように感じましたか? 

Yahoo!Japanのトップページがリニューアルされるそうです。

【お知らせ】Yahoo! JAPANトップページのデザイン変更について
http://blogs.yahoo.co.jp/yj_pr_blog/24509596.html

ASCII
http://ascii.jp/elem/000/000/799/799162/summary.html

新しいデザインはこんな感じ。

イメージ 1

 

アップルの新UIもフラットUIになると発表があって、トレンドはフラットUIへ一直線という感じですが、Yahoo!Japanもその方向へ進んでいくようですね。

この流れでは、他のメジャー系サイトやウェブサービス系サイトもフラットUIが導入されて、企業サイトでもフラットUIということになるのでしょうか?

もともと、企業サイトは、情報を機能的に提供できることが要求されていると思いますのでフラットUIとの親和性は高いのだと思います。それに、企業ロゴなどは平面のデザインを使っている企業も多く、レスポンシブデザインの導入などを考えても、これからはフラットUIでサイト構築が標準になるのかもしれません。

アップル、新UI採用で写真/マルチタスク強化の「iOS 7」
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130611_603041.html

あたらしい「iOS」である「iOS7」が発表されましたね。

いまっまでと違い、フラットなUIが採用されたとのこと。このあたりは、事前にそのような情報がかなり広まっていたのでそれほど驚きはありませんが、実際に発表されるとやはりそうなったかという印象ですね。

実際、GoogleやマイクロソフトではすでにフラットUIになっているので、世の中の流れに追随したところでしょうか。

100以上の機能追加を実施

ただ、実際に見てみるとやはりアップルらしい感じがあってそこはアップルの底力を感じます。好みは、いろいろあるでしょうが。

それと、気になるのはアフォーダンス理論では、ボタンはボタンとして機能するためにデザインがアフォードしているということがあったと思いますが、フラットデザインが主流となると、世の中の立体物をアフォードするときの表現が、どうしても難しくなるのかなという気がします。

立体物とフラットUIに変換するときには、抜け落ちる情報があると思いますので・・・。
このあたりは、インターフェース理論の発展で改善されてゆくのでしょうか。

みなさんは、どう思いますか?

米国家情報長官、「PRISM」プログラムについて説明:「法律範囲内のもの」
http://japan.cnet.com/news/business/35033191/

NHKでもニュースになるぐらい話題となっているCIAが通信内容を傍受していたよ。という暴露話?プライバシーを気にする人なら結構きになるけど。
そもそも、SNSに情報をアップするれべるででは、あまりセキュリティというかプライバシーの保護を期待してはいけないのではと感じるのが本音です。

今は、メールもだいたい届くようになっていますが、もともとはメールは届かない可能性がある不完全なシステムだし。パケットがいろいろな場所を寄り蜜して目的地に届くというシステムをとっている以上、あまりプライバシーの保護はあてにならないのかなと思います。

まあ、保護されていてほしいという願望はありますが。

参考までに上記の記事を引用しておきます。

 極秘監視プログラム「PRISM」報道に関する批判を受け、米国家情報長官が声明を発表し、PRISM関連の活動が「法律の範囲内のもの」で「米議会で十分に討議され、承認されたもの」であることを明らかにするとともに、PRISMについて、米政府が企業サーバから単純に情報を収集していないとする概況報告書を公開した。

概況報告書は、冒頭に米国家情報長官James R. Clapper氏の名前を冠し、「PRISMは、秘密の収集もしくはデーターマイニングためのプログラムではない」ことを述べている。「政府内コンピュータシステムであり、電子通信サービス事業者から国外に関する情報資料を米政府が裁判所の監督下で合法的に収集することの支援に使われる」(概況報告書)

概況報告書には次のようにも書かれている。

外国諜報活動偵察法(Foreign Intelligence Surveillance Act:FISA)の702項に基づき、米政府は、米電子通信サービス事業者のサーバから一方的に情報を得ない。そのような情報すべては、FISA裁判所承認に加え、米司法長官および米国家情報長官の文書による命令に基づいた事業者の認識の下で取得されている。

Clapper氏は、概況報告書を紹介する自身の声明において、調査活動の目的が国外に関する情報資料を得ることにあり、その情報には、米国および同盟国に対するテロやサイバー攻撃の防止に必要なものが含まれると説明している。

最近の報道により大きな間違った印象が持たれている。極秘情報の更なる公開がなされなければ、不正確さのすべてを正すことはできない。しかし、私は、最近発生した不正な情報公開について、添付された詳細を機密解除することがまやかしの一部を一掃する一助となり、報じられていることに対する必要な文脈の追加となることを願っている。

 

どんなもんでしょう。

シマンテックは、「楕円曲線暗号」に対応したSSL証明書を販売しているようなのですが、その証明書を導入したサイトがあるよというニュース。

シマンテックのECC対応SSL証明書が初導入 – テスト用証明書も提供
http://news.mynavi.jp/news/2013/06/07/033/index.html

まだシマンテックのサイトには、リリースなどは掲載されていません(2013年6月7日/10:00現在)

 同社のECC対応版SSLサーバ証明書は、従来のRSA暗号方式の証明書と比較して、より強固なセキュリティと、サーバーへのアクセスが集中した際などに高いパフォーマンスを出せることなどが特徴となっている。

同社によると、シマンテックはECCとDSA(Digital Signature Algorithm)を使用したSSLサーバー証明書を商用として提供する初めての認証局(CA)となる。提供する鍵長256ビットのECCサーバー証明書は、鍵長2048ビットのRSAサーバ証明書と比べ解読が1万倍も困難とされており、RSAで同等のセキュリティを提供するには鍵長3072ビットが必要になるという。

通常のRSA暗号で暗号化を行うより、少ない鍵長で高いセキュリティを実現できるため、サイトアクセス時には、アクセスのスピードが改善されるらしいです。

たしかに、最近はSSLで暗号化されたサイトも多くなってセキュリティに気を付けるならSSLはあたりまえだよねという雰囲気もありますが、実際にアクセスすると低スペックのパソコンやスマホなどでは、どうも暗号化のところでリソースを取られていていてサイトの表示などが遅いと感じることも結構あるので、これでサイトの表示スピードが改善されるならうれしいですね。

それに、「楕円曲線暗号」など新しい暗号化方式が普及されれてくるとセキュリティ的にも安心感が増すので、これからもっと研究が進んでほしいと思います。

FirefoxOSがリリースに向けて順調な様子です。

FirefoxOSの端末開発でMozilaとFOXCONNが提携
http://ascii.jp/elem/000/000/795/795163/

こんなニュースが飛び込んできました。先日のワイヤレスジャパンのイベントでもFirefoxOSを触れるようなブースが出展されていたようですし、こちらは正式リリースに向けて順調のようです。

開発側の環境としてもPC版のFirefoxにアドオンを追加すると簡単にエミュレーション環境が構築できるのでこのあたりでも非常に注目しております。

Tizenの方は、推進派だったNTTドコモの部長さんが更迭されたなどというニュースも入ってきたり、いろいろと雲行きが怪しいところもありますが、FirefoxOSには、がんばっていただきたいものです。

FirefoxOS
http://www.mozilla.jp/firefoxos/

開発者向けサイト
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/Apps?redirectlocale=ja&redirectslug=Apps