ゲームはスマホが標準になってきているようです。

ドラクエ

ゲームといえば、ソニーのPlayStationシリーズや任天堂のDS・3DSシリーズなど専用機で楽しむのがいままでした。それが最近は、スマホで楽しむのが標準になってきているようです。

ドコモドットコムが、GooglePlayランキングのデータを集計したものを発表しました。その内容をアスキーが記事にしていますので、ちょっと見てみます。

5月のランキングでは、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!!」と「ONE PIECE トレジャークルーズ」が1、2位を占め、人気アニメを原作とするゲームが上位を独占した。このツートップを含め上位10のうち7つをゲームアプリが独占。ゲーム以外のジャンルでは、音楽アプリが2つとツールアプリとしてユニクロの「UTme!」アプリがトップ10入りした。

5月の全カテゴリでの「Google Play月間ランキング」/ドコモドットコム調べ
5月の全カテゴリでの「Google Play月間ランキング」/ドコモドットコム調べ

「アプリと言えばゲーム」と言っても過言ではない状況だが、これは裏を返せば、ゲーム業界にとってスマホはゲーム機としても欠かせない存在であると言える。スクウェア・エニックスはその点に目をつけ、他のゲーム機向けでヒットしたタイトルのスマホ版をリリースすることに力を入れている。その1つが「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」だ。

ドラクエは、同社が開発・発売するロールプレイングゲーム(RPG)。任天堂の据え置き型ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」向けパッケージゲームソフトとして1986年に発売されると爆発的なヒットとなり、その後もシリーズ化され、「スーパーファミコン」や「プレイステーション(PlayStation)」、「Wii」など他の据え置き型ゲーム機をはじめ、「ニンテンドーDS」や「プレイステーションポータブル(PSP)」といった携帯ゲーム機向けにもリリースされてきた。

そして昨年10月に同社はドラクエシリーズのスマホ版アプリを配信開始。今月26日には「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」を配信する予定だ。ドラクエIIは1993年にスーパーファミコン版がリメイクされたが、スマホ版では操作方法などをスマホ向けに最適化している。これはいわば「ゲームはスマホで」という今の流れを物語っている。

アプリとしては、従来はメールやEvernoteに代表されるビジネスアプリ、ツール系などが多かったように思いますが。最近は、ゲーム端末としての役割が強くなっていることを感じます。

たしかに、最近GooglePlayへアクセスしても、まずレコメンドされるのはゲームアプリばかりです。個人的には、そこまでゲームフリークではないので食傷気味なのではあります。

電車に乗っていてもあまり、専用機を使っている人が減ってます。でも、スマホの画面をちょっと見るとパズドラやモンストなどのスマホ系ゲームをやている人が多いように感じます。

たしかに、日常的に通話・メールなどで使うスマホでゲームができるというのは、荷物が一つ減るということになるのでそのようなメリットからもスマホでゲームという流れは、加速するのではと感じます。