マイクロソフトは、クラウドストレージサービスの「OneDrive」の無料ディスクスペースを7GBから15GBへ増やすことを発表しました。

他社は、無料のディスクスペースが10GB以上となっているところが多いです。それに、OneDriveの前身サービスのSkyDriveが25GB無料という先進的取組を行っていたことを考えるともうちょっとサプライズがあっても良いかなと感じます。

インターネットコムでは、このことを以下のような記事にしています。

米国 Microsoft(MS)がオンラインストレージ「OneDrive」を7月に強化する。無料版で使えるデータ容量を 15GB に拡大するほか、有料版も大幅に値下げする。競合する米国 Google を追う動きだ。

■無料のデータ容量を 7GB から 15GB に拡大

OneDrive が、かつて SkyDrive と呼ばれていた2012年ごろは、25GB のデータ容量を無料で使えたものだった。しかし MS はその後「多くのユーザーにとっては 7GB で十分」と主張し、新規ユーザーを対象に無料版の容量を3分の1以下に縮小した。
ところが競合する Google の「Google ドライブ」が Webメール「Gmail」との統合で無料版の容量を 15GB に拡大すると、縮小した OneDrive の容量はかなり見劣りがするようになった。
今回、OneDrive では Google ドライブと横並びに無料版の容量を拡大する。いっそ一気に 25GB まで戻した方がユーザーに強い印象を与えるのではないかとも思えるが、ともかくも歓迎すべき動きだ。

■OneDrive の有料版を70%以上値下げ

また OneDrive では無料版より容量の大きな有料版があるが、MS はその料金プランを値下げすると案内している。
100GB プランは従来の月額7.49ドルから同1.99ドルに、200GB プランは同11.49ドルから同3.99ドルに、70%以上引き下げるという。
これも Google ドライブが3月に行った値下げに追随する動きだろう。

■ Office 365 の全プランに 1TB の容量が追加

このほか Office 365 の全プランで 1TB の容量を追加費用なしで利用可能になる。 Office 365 Home ではユーザー 1人につき 1TB 、Office 365 Personal/University では1契約ごとに1TB が利用できる。いずれのプランも日本では未提供。日本でも使えるビジネス向けプランではすでに 1TB の容量追加が決まっている。

オフィス365は、それ自体が有料のサービスですし、日本国内では企業が使うことがベースになっていることを考えると、今までのディスクスペースが少なすぎたと言えるのではないでしょうか。

有料版も値下げをしたようですが、100GBを日本円で200円程度で提供できるなら、無料版は25GB~50GB程度あったほうがインパクトがあったのではと感じます。

コスト試算などをした結果なのでしょうが、今一歩中途半端な印象を感じます。

 

皆さんは、いかがでですか?

Post Navigation