電子書籍は、一般の書籍がすべて電子化されるわけではなく、一部となっている関係から、いまいち盛り上がりに欠けているような気がします。しかし、ツタヤが提携を発表したりと、徐々に状況はかわりつつあるのかもしれません。

先日、電子書籍EXPOなるものに出かけてゆきました。そこで、楽天が自社の電子書籍プラットフォーム「kobo」を大々的に紹介しておりました。そのブースの中でも、ちょっと気になったのが、この「楽天ライティングライフ」というサービスです。

電子書籍の販売というと、自社でコンテンツ販売の仕組みをつくるか、情報商材などと同列に販売するかの方向性が多かったと思います。そこに目をつけたのかもしれません。楽天が「電子書籍」というカテゴリならが、コンテンツ販売のプラットフォームに参入したということになるのでしょう。

売上に対する楽天の取り分は、レベニューシェアで、アプリなどと似ている仕組みとなるようです。

今までも、自費出版でも本を出したいという人は多くいると思いますし、ニーズはありながら編集者の目にとまらない人のコンテンツがこのような形で表に出てくるのは、よいのかなかと思います。

ここで、ジャーナリストの方のルポルタージュなどが販売されたら読んでみたいなと思いますね。

ただ、このサービスですがまだ始まっていません。一応、年内には始まる予定のようですが。

Post Navigation