阪神は、鉄道グッズのオンラインショップ「鉄道甲子園」を開始しました。関西系の鉄道グッズが欲しい人は有力な選択肢となるのでは?

アスキーが記事に以下のように記事にしています。

阪神コンテンツリンクは7月15日、鉄道グッズのインターネット通信販売サイト「鉄道甲子園オンラインショップ」をオープンした。

同オンラインショップは、毎年ゴールデンウイーク期間中に開催している鉄道イベント「鉄道甲子園」を、物販サイトとしてWEBにしたもの。関西の各鉄道社局から、全国の鉄道社局に至るまで様々な社局、種類のグッズを順次取りそろえる。

また、従来の同社オンラインショップと比較して、商品の検索機能や並び替え表示、SNSとの連動など新たな機能も追加している。

■「鉄道甲子園オンラインショップ」(http://www.tetsudokoshien-shop.com/

どうみてもこのような商品は、趣味人のためのショップだと思います。もちろん、子どものためにグッズを買う親御さんもターゲットに入っているのでしょう。

そのようなターゲットは、SNSと親和性が高いと思います。それは、自分が手に入れたものの良さを他の人にどうしても伝えたくなるからです。

そのように考えると、最後のSNSとの連動の部分がうまくいくと、このショップもうまくような気がします。

Post Navigation