グリーはいったいどこへ行こうとしているのか。

グリーが住宅リフォームの事業に参入するというニュースを見つけました。住宅リフォームなんて、ソーシャルゲームの対極のような事業ですが、いったいグリーはどこへ行こうとしているのでしょうか。

インターネットウォッチがこのような記事にしています。

グリー株式会社は24日、グリーユナイテッドライフ株式会社を新たに設立し、住宅リフォームサービス「安心リフォーム いえプラス」の提供を開始した。全国の工務店と提携し、商品設置工事や保証を定額パッケージとして販売する。

「いえプラス」では、商品代金、工事費、廃材処分料など多岐に渡るリフォーム費用をあらかじめ総額表示することにより、安心して利用できることをアピールしている。また、1年の工事保証が標準で付くのも特徴という。

グリーユナイテッドライフは見積もり・注文システムの構築およびマーケティングを担当。工事はいえプラス加盟工務店が行う。

いえプラスは首都圏、宮城県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県でまずサービスを開始。年内には300社と提携し、全国展開する予定。

いえプラスのウェブサイトはPC、スマートフォン、タブレットに対応。サービス開始記念キャンペーンとして、8月17日までに現地調査を申し込むと、ウェブサイト掲載価格から10%割引される。

サービスの流れ

安心リフォーム いえプラス http://www.ie-plus.jp/
プレスリリース http://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2014/0724-01.html

全国の工務店と提携して、オンライン受注の仕組みを作ろうとしているそうですが、実際はどこまでできるのでしょうか。

いままでのネット業界とはまったくことなる場になると思いますので、今後の展開が気になります。