今は、国内のクレジットカードはほぼICカードが内臓されてきていますし、キャッシュカードでもIC内臓型が増えてきています。スキミングなどの被害が増えてくるにしたがってICカードのニーズは高まっています。

そんな中、セブン銀行は、海外旅行者向けに海外発行のIC内臓タイプのカードを利用できるようにするシステム改修をすると発表しました。大手銀行のシステム改修がいつも長引く中、セブン銀行の機動力と自社の強みを把握している力はすごいと感じました。

サンケイウェブでは、このことを以下のような記事で紹介しています。

セブン銀行は、来年末までに全国約2万台のATM(現金自動預払機)全てを、海外発行のICチップ内蔵型キャッシュカード・クレジットカードに対応させる方針を固めた。すでに海外発行の磁気式カードには対応済みだが、数億円をかけてシステムを変更。より安全性が高く、カード情報を不正に読み取るスキミングの被害防止に役立つIC内蔵型に対応できるようにし、訪日外国人客らが安心して日本円を引き出せる環境を整える。

政府は、2020年の東京五輪に向けて外国人観光客の利便性を高めるため、海外発行カードをそのまま利用できるATMの普及を国内金融機関に要請。これを受けて、3大銀行グループなどが設置準備に着手している。

セブン銀は、07年にいち早くATMの海外発行カード対応を開始。訪日外国人客の増加とともに利用件数は伸び、13年度は前年度比約1割増の240万7000件となった。

セブン銀行の強みは、セブンイレブンと一体となった利便性です。そこを自覚しているので、このスピード感でのシステム改修になるのでしょう。もっと深読みすると、先行することよって海外旅行者から「セブンイレブン」にあるATMは、「便利」という口コミが広がることによって、海外旅行者というターゲットにおいてのマーケットリーダの立場を確立してゆくことができるのだろうと思います。

Post Navigation