病院内では、携帯電話はNGとなっていることが多いと思います。それは、電波の問題もありますし、現実的に病院の中で大声で話されても不快なだけです。では、スマホでネットをするのはどうなのか?

そんな疑問を解決してくれそうなガイドラインが「電波環境協議会」というところから発表されました。

インターネットウォッチで紹介しているので、その記事を見てみます。

病院のような医療機関の施設で携帯電話を利用していいかどうか、新たな指針が策定された。病室では利用可能となる一方、手術室などでは電源をオフにして持ち込みを避けるなど、新たな指針が定められた。この指針をもとに、各医療機関でのルールが策定されると見られる。

これまで、医療機関における携帯電話の利用については、マナーの問題や医療機器への影響などを踏まえて、各医療機関ごとに独自ルールが定められてきた。また有識者やメーカー、通信会社などが参画する電波環境協議会では、1997年、手術室や集中治療室(ICU)に携帯電話を持ち込まず、診察室や病室では電源をオフにする、といった指針を示してきた。

その一方で、携帯電話が広く普及したこと、電磁波に対する医療機器の性能が向上したこと、第2世代の携帯電話サービスが廃止されたこと、そして携帯電話が医療機関でも活用されれば、医療サービスの高度化や効率化に繋がり、患者にとってもメリットが見込めることから、これまでの指針が廃止され、新たな指針が策定された。

エリアによって利用可、利用不可

この新指針では、「医用電気機器の上に携帯電話を置くことを禁止」「医用電機機器から1mほど携帯電話を離す」としている。またマナーや医療情報の漏洩防止などの観点から、病院内では、携帯電話のカメラや録音機能の使用を控えることが望ましい、とされている。その一方で、待合室やロビー、廊下などではマナーに配慮しつつ、通話を含めて携帯電話は利用可、とした。病室には医用電気機器があるものの、使われるものが限られ、携帯電話の影響も比較的少ない、として利用はOK、となっている。

診察室は、他の患者の迷惑、あるいは診察の妨げにならないよう、利用を控えるなど、配慮を求めている。ただし、診察用の機器に携帯電話の電波の影響があっても、診察などに与える影響は限定的であり、もし影響が出ても看護師や医師がすぐわかり、機器から携帯電話を離す、といった対策をとれることから、「診察室で電源をオフにする必要はない」とされている。

手術室や集中治療室、検査室は、もし電波の影響が発生した場合のリスクが大きいため、携帯電話の利用は原則禁止となった。

いずれのエリアも、体外式ペースメーカーを使う患者などがいる場合は、距離を取るよう案内されている。

電波の出力が携帯電話よりも小さいPHSは、既に数多くの医療機関で導入済ながら、手術室やICUなどでの利用は、各医療機関の独自テストなどをもとに、影響がないことを確認することが求められている。

Wi-Fi(無線LAN)は、携帯電話よりも電波(出力電力)が低く、影響が小さいとされている。ただし、こちらもPHS同様、手術室やICUでの利用は各機関でのテストなどをもとに影響がないことを確認する。混信を避けるために、病院が用意した来訪者用アクセスポイントを案内する、といった配慮が必要とされている。携帯電話用の小型基地局、いわゆるフェムトセルは専門業者などに相談すること、とされた。

これを見ると、繊細な判断を求められる場所ではNGのケースが多いが、一般の人が使う待合室やロビーなどは、原則OKとなっていくように読み取れます。そうなると、診察を待っている時間なども大手を振ってネット利用などをできると考えると、待ち時間も有効に使えるようになるかもと感じます。

Post Navigation