すべてのiPhone5ではありませんが、対象となる機種を持っているかたはデータをバックアップして早めに持っていったほうが良いかもしれません。

iPhone5の一部の機種では、急にバッテリーの駆動時間が短くなるなどの症状(ヘタリとにている現象ですね)が起きているとしてバッテリーの無償交換を行うと発表しています。

インターネットウォッチでは、今回のニュースを以下のように発表しています。

アップルは、一部のiPhone 5において、バッテリーを無償で交換するプログラムを実施する。米国と中国では8月22日、その他の国では8月29日に交換受付を開始。同社のサポートページで、交換対象となるiPhone 5のシリアル番号を確認できる。

同社は、一部のiPhone 5でバッテリーの駆動時間が急に短くなったり、頻繁に充電が必要になったりする事象が判明したとして、今回の無償交換プログラムを実施することとなった。交換手続きは、最寄りの取扱店舗やApple Store(直営店)で確認・予約を行うか、オンラインのAppleテクニカルサポートで申し込む。

対象となるiPhone 5は、2012年9月~2013年1月の間に販売されているものの一部の製品。アップルのサポートページでシリアル番号を入力して送信することで確認できる。シリアル番号は、「設定」→「一般」→「情報」から確認できる。

修理(交換)に出す際は、データのバックアップ、「iPhone を探す」機能のオフ設定、端末のリセットを行う必要があるとして、同ページ内で案内している。なお、すでに対象となるiPhone 5のバッテリーを自費で交換した場合は、交換費用を返金できる。

私の所有しているiPhone5は発売時期が上記と異なるので対象外になりそうです。残念。

ある種のリコールのようなものなのでしょうが、スマホでこのような対応は少ないのでありがたいですね。対象の方は、これだけ経過しているとバッテリーも結構へたっていることも多いので、そのような方にとってはある意味朗報なのではないでしょうか。

Post Navigation