KDDI自身もMVNOへ進出。もう人事とは思えない。

とうとうキャリア自身もMVNOへ進出のようです、NTTdocomoもNTTグループ内でOCNでMVNO事業を行うなどありましたが、自身の子会社が提供するとなるとちょっと位置づけが変わるのではないっでしょうか?

そんな疑問に答えてくれるかも知れない記事をインターネットウォッチが記事にしています。

KDDIは、MVNO事業を推進する新会社「KDDIバリューイネイブラー株式会社」を設立したと発表した。
KDDIバリューイネイブラー(KVE)は8月18日付で設立されたKDDIの100%子会社で、資本金は1億円、代表取締役社長は菱岡弘氏。

KDDIは、さまざまなMVNOやブランドが登場していることで、多くの企業から「KDDIはやらないのか」といった類の問い合わせや要望を受けていたという。今回設立されたKVEが、MVNOとしてパートナー企業にサービスを提供することで、パートナー企業は自社ブランドにて、低価格志向のユーザー向けに通信サービスを提供できるようになる。

KVEは、「mineo」を提供しているケイ・オプティコムと同じMVNOという位置で、KDDIから回線の卸提供を受ける。価格など卸提供の条件は、制度上、ケイ・オプティコムなどほかのMVNOと同じで、KVEだけが優遇されることは「絶対にない」としている。

KVEは、いわゆるMVNEではなく、契約やIDの管理、ユーザーサポートなどを含めて提供するMVNOにあたる。通信サービスを、自社ブランドで販売したいパートナー企業向けに提供することで、パートナー企業は、課金管理やサポートといったハードルの高い初期投資をすることなく、自社ブランドの商品ラインナップに通信サービスを加えることが可能になる。この取り組みにおいては、パートナー企業はMVNOではないことになる。
KVEはこうしたパートナー企業向けのサービスを中心に事業を展開する方針だが、MVNOであるKVE自身のブランドでも通信サービスの提供を検討している。
同社は年内に詳細を案内するとしており、パートナー企業向けのサービスも年内の開始をめどに進めている。

記事を見ると自社ブランドでのMVNO事業をはじめるよです。そうなると、安いMVNOとのすみわけが問題になってくるのだと思いますが、普段あまり使わない層については今後は、これらのMVNOが提供してゆくことが主力になってくるのでしょうか?

ではキャリアはどうするか?ヘビーユーザー向けや法人向けのサービスと卸売り販売を行ってゆくメーカーのような形になるのでしょうか?