LG、ハイエンドスマホ「G2」発表ですが、大きすぎません?

LGエレクトロニクスは7日(現地時間)、米ニューヨークでハイエンドスマートフォンの新モデル「LG G2」を発表しました。スペックは、こんなかんじです。

G2は、下り最大150Mbpsでの通信が可能なLTE-Advancedに対応した同社のAndroidスマートフォンのフラッグシップに位置づけられるモデル。チップセットにはクアルコムのSnapdragon 800を採用し、クアッドコアCPUのクロック数は最大で2.26GHz。側面に搭載されることが多い電源キーと音量キーを背面に移し、片手での操作性を高めているのも特徴だ。5.2インチ、フルHDのディスプレイを備え、狭額縁設計で横幅を70.9mmに抑えた。メインカメラは1300万画素で、光学式の手ぶれ補正にも対応。取り外し不可のバッテリーを備え、薄型ながら容量は3000mAhとなる。サイズは138.5×70.9×8.9mm。OSはAndroid 4.2となる。

 

 

 

LG、ハイエンドスマホ「G2」発表
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130808_610858.html

で、感じることなのですがスマートフォンは電話なのでしょうか?それともタブレットになろうとしているのでしょうか?

もう電話としては、5.2インチは大きすぎる気がします。サムソンのギャラクシーS3やS4の4.7インチなどでも結構大きいなと感じていました。逆に、iPhone5の方が、電話としての大きさを考えた場合は、なかなか良いサイズなのではと感じます。

これから、どのような方向へ進むのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です