マイクロソフトがノキアのスマホ事業を買収!

マイクロソフトは、ノキアのスマホ事業を買収するというニュースが発表されています。WindowsPhoneがいまいちうまく行っていない感じのマイクロソフトですが、この買収を通じて巻き返しを図りたいようです。

【シリコンバレー時事】米マイクロソフト(MS)は2日、フィンランド通信機器大手ノキアのスマートフォン(多機能携帯電話)を中心とした端末関連事業を買収すると発表した。買収額はノキアが持つ特許の使用料を含め54億4000万ユーロ(約7140億円)。MSは、パソコン向けソフトに依存した事業構造の見直しを進めており、今回の買収により、出遅れている携帯端末分野を強化する。
MSはスマホなどの端末や関連サービス事業を37億9000万ユーロで買収。同時に、特許使用料として16億5000万ユーロをノキアに支払う。ノキア株主の承認や独禁当局の承認を経て2014年1~3月期の買収手続き完了を目指す。

この金額は、高いのでしょうか安いということになるのでしょうか。どうも、この買収を通じてマイクロソフト謹製のスマートフォン(WindowsPhone)を発売しようとしているようです。

ただ、iPhoneとAndroidがここまで伸びている中では、コンシューマーベースではあまり普及しないような気がします。ビジネスよりであれば、企業の情報システムと連携した端末ということで受け入れられる余地もありそうですが・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です