iPhone5SとiPhone5Cはソフトバンクに不利のようですが。

いわゆるプラチナバンドといわれている800MHz帯をサポートするということが発表されてソフトバンクは、不利になるという話になっているようです。

 

2012年にプラチナバンドである900MHz帯を割り当てられており、日本で発売されるiPhone 5s/5cも、900MHz帯に対応している。しかし、この900MHz帯のLTEサービスが利用できるようになるのは2014年夏になる予定で、それまでは既存の2.1GHz帯とイー・アクセスの1.7GHz帯を使ってLTEサービスを提供することになる。そのため、当初はLTEサービス提供エリアでドコモとKDDIに遅れをとってしまう可能性がある。

ソフトバンクは、プラチナバンドを過去の経緯からもっていなかったので、いままでは良かったのですが、今後は難しい戦いになるそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です