東芝が無線LAN SD「FlashAir」の8GBにclass 10モデルを発表

東芝がこのような商品を売っていたのを知りませんでした。てっきり海外製品だけかとおもっていました。

FlashAir「SD-WC008G」

東芝は、「FlashAir」の新モデルとして「SD-WC008G」を10月19日に発売する。店頭予想価格は4,000円前後。

読み書き時のデータ転送速度10MB/秒以上となるSDスピードクラスclass 10に対応した、記憶容量8GBの無線LAN搭載SDHCカード。なお、既存のラインナップは、8GB/class 6の「SD-WB008G」と、16GB/class 10の「SD-WC016G」の2モデル。

対応規格は既存モデルと同じで、IEEE 802.11b/g/n。セキュリティはWEP、TKIP、AES(WPA/WPA2)。

FlashAirは無線LAN経由による通信機能を備え、デジタルカメラで撮影した写真やカードに保存されたデータを、無線LAN接続したスマートフォン/タブレットなどですぐに閲覧可能。スマホ/タブレット/PCのブラウザ上に表示してコピーが可能なほか、iOS/Android用アプリを使って画像の複数選択転送なども行なえる。

これ使ってみたいと思いながら、なかなか購入するタイミングがないのですよね。最近は、スマホで撮って使うこともするのでデジカメの出番も中々減ってはいるのですが、海外製品ではなく、東芝という国内メーカーから出ているのだったら使ってみようかなという気がします。

 

 

□東芝
http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm
□ニュースリリース http://www.semicon.toshiba.co.jp/profile/news/newsrelease/memory/topics_131016_j_1.html
□製品情報
http://www.toshiba.co.jp/p-media/flashair/
□動作確認済み機器の一覧
http://www.toshiba.co.jp/p-media/compati/flashair_list.htm

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です