NetBeansIDE7.4が発表されてハイブリッドアプリ開発が楽しくなりそう。

開発ツールとしてウェブアプリケーションを開発する人などにはなじみ深いNertBeansIDEですが、新しい「7.4」が発表されました。

このNetBeansIDEですが、私も開発でつかっています。eclipseなど他の開発ツールも触ったりしていましたが、なんとなく使いやすくてこのNetBeansに現在は落ち着いています。

今回は、スマホのアプリ開発などに便利そうな機能が追加されたようです。

10月18日(米国時間)、統合開発環境NetBeans IDEの最新版となる「NetBeans IDE 7.4」が公開された。ダウンロードページよりダウンロード可能。新しくJDK8の機能をサポートする機能が追加されたほか、C/C++、PHP、JavaFX、Mavenなどさまざまなプログラミング言語をサポートしている。

「NetBeans IDE 7.4」の主な注目点は次のとおり。

  • Java EEプロジェクトにおけるHTML5サポート機能
  • PHPプロジェクトにおけるHTML5サポート機能
  • Cordovaアプリケーションデベロップメント
  • iOSデバイスおよびiOSエミューレータサポート機能
  • AndroidデバイスおよびAndroidエミューレータサポート機能
  • JDK 8機能のプレビューサポート機能
  • Knockout編集サポート機能
  • AngularJS編集サポート機能
  • ExtJSフレームワーク編集サポート機能

まだ、ダウンロードしていませんが私の注目は、PhoneGapのオープンソース版である?CordovaのサポートとPHPプロジェクトでのHTML5サポート、それとAndroidとiOSのエミュレータサポート機能です。

これらの機能があれば、たぶんHTML5ベースのサーバ連携のハイブリッドアプリ開発には強力ばツールとなるのではないでしょうか?

現在の案件に取り込むのは、要検討ですが、あたらしい案件であればぜひ使ってみたくなるバージョンアップですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です