WindowsPhoneが無償化されるかも?

iOSとAndroidの陰に隠れて、目立たない存在になっているマイクロソフトのモバイルOS「Windows Phone」ですが、もしかしたら無償化されるかも?というニュースが届いています。

「Windows」に対するMicrosoftの今後の刷新の一環として、「Windows Phone」と「Windows RT」が端末メーカーに無償で提供される可能性があるという。The Vergeが米国時間12月11日、「Microsoftの計画に詳しい情報筋ら」の話として報じた。両OSの無償提供はまだ確定には至っていないが、MicrosoftのOS担当バイスプレジデントを務めるTerry Myerson氏がこれを真剣に検討しているという。

Microsoftは、PC、スマートフォン、タブレットベンダーに対する同社OSのライセンス供与によって、かなりの収益を上げている。「Windows Phone」の場合、収益の大半はフィンランドの端末メーカーであるNokiaからのものだ。しかし、MicrosoftはNokiaの携帯端末事業を買収したため、この収益源は消えてしまっている。

Microsoftの広報担当者は米CNETに対し、無償版に関するうわさについて、同社が現時点で公表できる情報はないと述べた。

提供:Ed Rhee/CNET

Windows Phoneは、現在採用している機器メーカーはほとんどなくて、実質ノキアのみだったところで、マイクロソフトが買収してしまったので、べつにグーループ内で売上をたてなくてもいいじゃんということなのかもしれません。

ただ、WindowsPCがこれから使われることを考えると、そのWindowsの親和性の高いWindowsPhoneは、コンシューマーユースというより、業務端末などでは採用したほうが便利だったりします。

そこで、無償化であれば端末に縛りのあるiOSやPCとの連携がベストではないAndroidよりも、採用する可能性が高まるのかもしれません。

現時点では、端末メーカー向けという話のようですが、Androidのように無償化されると、トレンドが変わりそうで興味がありますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です