少し安心?WindowsXPにMS謹製セキュリティソフトを引き続き提供。

マイクロソフトは、4月でサポートが終了するWindowsXPに引き続き、同社製のセキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」を提供するようです。

米Microsoft Corporationは15日(現地時間)、公式ブログ“Threat Research & Response Blog”で、Windows XP向け「Microsoft Security Essentials」およびそのウイルス定義ファイルを、2015年7月14日まで提供する方針を明らかにした。

 

ただし、サポート終了とともにWindows XPへセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるのは変わらないので注意したい。脆弱性を放置したシステムにおけるマルウェア対策ソフトの効果は限定的なので、早期の移行をお勧めする。

とりあえずは、フリーのセキュリティソフトである「MSE」でも2015年7月までは、対応するということですね。

ただ、記事にも書いているようにこれはあくまでもセキュリティソフトが対応しているということで、WindowsXPにセキュリティホールが見つかってもパッチが提供されない状態は変わらないので、どちらにせよ移行は必要なのでご注意ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です