Windows8.1のアップデートが開始されましたが、Windows8系の普及はどうなのでしょう。

マイクロソフトは、Windows8.1のアップデート版の配信スタートしたと発表しました。Windows8系になって、それなりにアップデートを重ねてきています。

しかし、Windows8は、まだまだ普及しているように思えませんがどうなのでしょうか。マイナビの記事は、このように紹介されています。

米Microsoftは8日(現地時間)、「Windows 8.1 Update」と「Windows RT 8.1 Update」のWindows Updateを通じた提供を開始した。

Windows 8.1でWindows Updateの自動アップデートが有効になっていれば、自動的にWindows 8.1 Updateへアップデートされる。Windows RT 8.1は自動アップデートで更新される。全ユーザーへのロールアウト完了まで数週間かかる見通しだ。Windows Updateの「更新プログラムを今すぐチェックする」から手動でアップデートを確認する場合、KB 2919355を含むアップデートがWindows 8.1 Update/ Windows RT 8.1 Updateである。KB 2919442など、KB 2919355をインストールする前に必要なアップデートがあるため、もしKB 2919355が見つからない場合はアップデートを実行した後、再度確認することをサポートページで勧めている。

Windows 8.1 Updateは、キーボード/マウスを使っても違和感の少ないWindows 8体験を提供するユーザーインターフェイスの改良、低コスト&最新ハードウェアへの対応を含むWindows 8.1の大型アップデートだ。サポートページの説明によると、将来のWindowsアップデートにつながるアップデートであり、Windows 8.1 Updateを回避したり、またはアンインストールすると重要なバグ修正やセキュリティアップデート、機能追加を逃す可能性があるため、Windows 8.1 Updateへのアップデートを「強く推奨」している。

http://news.mynavi.jp/news/2014/04/09/009/

この記事を読んでいると、タッチパネルへの移行というより、従来のマウスとキーボードのユーザーへフォローを強く感じますね。先日WindowsXPへのサポートが終了したので、今後はWindows7もしくはこのWindows8への移行が進むのでですが、現実にはいかがでしょうか?

ちょっと気になるところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です