Googleのキーワードプランナーにコンバージョン予測機能が追加。これって地味に便利かも。

Googleは、Adworsなどで利用するキーワードプランナーにコンバージョン予測機能を追加したそうです。あたりまえですがコンバージョンは結果から出てくるもので、やってみなければわからないというのが現実です。

そのためどうしてもコストロスが発生しやすい部分なのですが、ここである程度のコンバージョンの予測ができるようになると正確ではないにしろキーワード選定やコスト試算などがしやすくなるのではないでしょうか。アスキーが記事にしているので紹介します。

 

米Google は2014年11月20日、キーワードプランナー(Keyword Planner)にコンバージョン予測機能(Conversion estimates)を追加したことを Google+ で発表した。

アカウントに蓄積された過去のコンバージョン情報、またはユーザーが任意に入力したコンバージョン率と数に基づいて予測する。広告主が予算と入札金額を変更した時に、ROAS や 平均CPA、コンバージョン数といった広告のパフォーマンスに与える影響をデスクトップPCとモバイルに分けて画面上に表示する。

同社は注意事項として、キャンペーンのパフォーマンスは Webサイトやユーザ行動、入札金額、予算など多様な要因により左右されることを述べている。

Introducing conversion estimates in Keyword Planner 
https://plus.google.com/u/0/+GoogleAds/posts/f1rbAc2hvpb

もちろん参考程度に利用してね。ということですし、この予測の精度はまだまだだよということなのですが、まずは使ってみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です