ニコンがD5500を発表。今度も魅力的。

ニコンがD5300の後継機となるD5500を発表しました。基本的な機能やバリアングルの仕組みなどは維持されつつ、それぞれのスペックがアップしたもののようです。

前回の機種もかなり完成度が高かったとの評価がありますが、今回はどうなのでしょうか。デジタルものは進化が早いことを考えると、最新機種を買うのがベターですがどちらがよいか悩みどころですね。アスキーが記事にしているので紹介します。

 

ニコンは1月14日、一眼レフデジカメ「ニコンD5500」を発表した。2月5日に発売する。

レンズマウントはニコンFマウントで、撮像素子はニコンDXフォーマット(23.5×15.6mm)の有効2416万画素CMOSセンサーを搭載し、画像処理エンジンEXPEED 4の採用により広いダイナミックレンジや最高ISO25600の高感度撮影可能なほか、最高5コマ/秒(最大100コマ)の高速連写、1920×1080ドット/60pのフルHD動画撮影にも対応する。

バリアングル液晶を搭載

背面の3.2型(3:2)TFT液晶バリアングルモニター(約104万ドット)はタッチパネル装備で各種メニュー操作が可能なほか、ファインダー撮影時に液晶画面を指でスライドしてフォーカス位置を変更することも可能。Wi-Fi搭載によるスマホへの画像転送やリモート撮影機能も搭載する。

ボディカラーはブラックに加えてレッドが用意される

炭素繊維樹脂のモノコック構造を採用したボディは本体サイズ約幅124×高さ97×奥行き70mm、重量約470g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む)と、現時点で発売済みのバリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラにおいて世界最小・最軽量という。

ボディ単体とレンズを組み合わせた「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II付き」および「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR 付き」、18-55mm/55-300mm(いずれもVR付き)のダブルズームキットが用意される。価格はすべてオープンプライス。

前回は、ダブルズームキットが発売されるのが遅かったですが今回は、同時に発売されるようです。また、秒5コマの撮影など魅力的な部分も多いので欲しくなってしまいますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です