オープンソースの現実

マイクロソフトオフィスやWindowsなどパソコンでは製品になったソフトウェアがまだまだ多いですが、ウェブコンテンツを配信するサーバやメール配信をするメールサーバなどではオープンソースが

とても多く使われています。そのオープンソースの現状が記事になっていましたので紹介します。

 

時に、オープンソースは粗悪であるという、見当違いで無視できない調査結果を目にすることがある。あるいは理解が難しすぎて、ニュースによってオープンソースについての理解が大きく異なることも確かだ。

・・・実際にはどちらも正しい。なぜなら、大規模な組織が利用する場合、オープンソースは難しくも易しくもあるからだ。

オープンソースの利用者・用途は様々

オープンソースはここ10年間で人気の的となった。インフラに関してはオープンソースがスタンダードとなっているわけだ。Hadoop、MongoDB、そしてMySQLからSparkに至るまで、そのどれもがオープンソースなのだ。

米国のIT専門家の74%がコマーシャル・オープンソース・ソフトウェアは持続性とコントロールの点でよりよいと回答。
米国のIT専門家の66%がコマーシャル・オープンソース・ソフトウェアはバグが少ないと感じている。また、63%がプロプライエタリ・ソフトウェアに比べてクオリティも上がるだろうと回答。
IT専門家は、あらゆる点においてプロプライエタリ・ソフトウェアよりも優れていると考えている。

ソフトウェア開発を容易に

・・・だが、このような人々はかなりのギークだということも考慮する必要がある。先月の私の記事のとおり、テクノロジーの複雑さが原因で、およそ70%の企業ではビッグデータを扱う十分な体制が整っていない。適切なテクノロジーの知識を身につけた、本物のデータ・サイエンティストへ熱心に投資することのできる企業にとっては、ビッグデータは重要で競争力のある差別化要素となりつつある。

だがどの企業もそういう状況にあるわけではない。

だが、それを乗り越えてこそ最新のビッグデータ・テクノロジーを利用できるのだ。高度なパフォーマンス、(十分な)利用しやすさ、そして多くの場合より安価であることから、広く利用されているオープンソース・テクノロジーは他にも多く存在する。Linux、Drupal、Nginxなどのようなオープンソース・テクノロジーが、無数の企業でその役目を果たしている。

しかし、その価値を理解し採用・運用しているのは経営者ではなく、技術者なのだ。

これまでも、そしてこれからもこの状況は変わらないだろう。その結果、「オープンソース企業」が、オープンソースであること(洗練されていることやパッケージなど)よりも付加価値に重点を置き、オープンソースを売りにしなくなるとしても不思議ではない。

オープンソースは企業とって見逃すことができないものとなっている。オープンソース・アプリケーションの採用は、それを評価するにもオープンソースの知識が必要な究極のやり方と言えるだろう。

オープンソースであるということは差別化にはならないかもしれないけれど、これらのテクノロジーを俯瞰してみるとエンジニアも企業も取り入れるのは必須のようですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です