「食べログ」と「LINE」が連携

食べログといえば、昼食どこで食べようかの検討から飲み会の事前調査や初めて行く場所のおいしいもの探しなどで非常に人気のコンテンツサービスです。

実際、近所のお店でも初めて行く前にはちょっと検索して探してみてしまうことも多いです。また、その★の数があながち間違っていないところも信頼を獲得している点ではないでしょうか。そん「食べログ」がメッセージングサービスでは、メジャーな立場になった「LINE」と連携するようです。

 

LINE(株)と(株)カカクコムは5日、業務提携契約を結び、「LINE」のビジネスアカウント「LINE@」と「食べログ」の店舗ページを相互連携したサービスを2月下旬から開始すると発表した。

「LINE@」の店舗販売促進サービスと、食べログの口コミの店舗情報が連携したサービス。「食べログ」有料サービスを利用する店舗が「LINE@」に加入すると、「食べログ」掲載ページに「LINE@」の友だち追加ボタンが掲載できるようになる。ユーザーが「LINE@」で店舗のアカウントを追加することで、初回来店後も店舗から継続的に情報発信でき、再来店促進が期待できる、としている。

LINEは基本的には、クローズドのコミュニケーションサービスなのでメッセージを交換する人のつながりは深くなる傾向があります。そんな中で、食べログ情報「店舗の情報」が交換されるとお店からのメッセージもバイラル的に広がるのではないでしょうか。

今後の推移が気になりますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です