officeの次期バージョンが見えてきました

マイクロソフトオフィスの次期バージョンとビジネス版Skype「Skype for business」の開発者向けバージョンがリリースされました。

 

米Microsoftは16日、デスクトップ向けOfficeの次期バージョン「Office 2016」のIT管理者および開発者向けプレビュー版を発表した。法人向けOffice 365の利用者向けの公開で、現時点では初期ビルドのためすべての機能は搭載していないが、今後、毎月アップデートを提供していくという。正式版は2015年後半に一般提供開始の予定。

Office 2016では、機密データを管理するための「データ損失防止(DLP)」機能を強化。Exchange、Outlook、OneDrive for Business、SharePointには既にDLP機能が搭載されているが、さらにWord、Excel、PowerPointにもDLPの仕組みを導入する。

このほか、Outlookにおける多要素認証のサポートなどの機能強化や、インストール時の「クイック実行(Click-to-Run)」の高速化などを実現。マクロやアドインについては変更を行っておらず、互換性が保てるとしている。

また、16日には法人向けの「Skype for Business」も発表。クライアントソフトのテクニカルプレビュー版の提供を開始し、4月にはクライアント、サーバー、オンラインサービスが利用可能になる予定。

Microsoftではこれまで、企業向けのコミュニケーションツール「Lync」を提供していたが、新バージョンで名称を「Skype for Business」に変更。新バージョンでは従来のLyncの機能に、コールモニターなどSkypeの機能を追加。デザインにもSkypeと同様のアイコンが使用される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA