Wndowsの新しいブラウザ「WindowsEdge」が発表されました。

Windows10に搭載される新しいブラウザ「WindowsEdge」が発表されました。サイト自体は英語版のみですし、、まだダウンロードできるかもさだかではありませんが、まもなく日本語版も含めて入手できるようになってくると思われます。

Windowsの標準ブラウザであるインターネットエクスプローラは独自の実装が多く評判が悪かったのですが、今回は他のブラウザの現状を参考に、様々な点で変更がされているようです。

米Microsoftは29日、サンフランシスコで開催中の開発者会議「BUILD 2015」において、Windows 10に搭載する新しいウェブブラウザーの正式名称が「Microsoft Edge(以下、Edge)」になることを発表した。

新ブラウザーの正式名称は「Microsoft Edge」に

Edgeは、新しいレンダリングエンジンを搭載する新しいウェブブラウザーで、これまでは「Project Spartan」という開発コードで呼ばれていた。Windows 10の標準ブラウザーはEdgeとなるが、従来のInternet Explorerも互換性維持のために引き続き搭載される。

BUILD 2015の基調講演ではEdgeの新機能として、閲覧中のページに指やペン入力で注釈を書き込める機能や、ページを読みやすく整形するリーディングリスト機能、パーソナルアシスタント機能「Cortana」との統合などを紹介。また、ブラウザーの拡張機能にも対応しており、Google ChromeやFirefox向けの拡張機能も容易に移植できるとした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です