Googleのウェブマスターツールがリニューアルされたようです

SEO方面の方やアクセス解析の方には必須のGoogleウェブマスターツールですが、今回リニューアルされて名前も変わったようです。

ウェブマスターツールといっても、ウェブマスターと言う職種が日本ではまだまだ認知度が低いと感じる昨今ですが、そのウウェブマスターツールという名前を捨てて検索という機能にフォーカスをあてたものになるようです。

Googleは20日、Google検索に表示させる「Googleウェブマスターツール」の名称を「Google Search Console」に変更し、ウェブマスターだけでなく、Google検索に関連したさまざまな職種に対応するサービスとしてリニューアルすると発表した。

旧ウェブマスターツールは、約10年にわたりGoogle検索に表示させるツールとして進化してきたが、Googleがユーザー調査を行ったところ、同ツールのユーザーは、ウェブマスターだけでなく小規模事業者からSEOの専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナーなど、幅広い職種に広がっていた。この結果から名称を一新して対象者を広げ、さまざまなタイプのユーザーが利用できるサービスに変更する。数週間後に新たなサービスが公開される予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA