GoogleDriveのセキュリティ機能が強化されもっと便利になったようです。

GoogleDriveの共有機能は、データのやり取りするには便利なのですが共有すると必要なデータが流出する危険がありました。

そんなGoogleDriveに、ダウンロードや印刷などの機能を制限する機能が追加されたようです。

米Googleは、Googleドライブに第三者と共有しているファイルについて、ダウンロード、印刷、コピーを禁止する新機能を追加したことを現地時間の7月14日に発表した。

本機能を利用するには、ファイルの共有を行う際に表示される画面にて、「詳細設定」を開き、「コメント権を持つユーザーと閲覧権を持つユーザーのダウンロード、印刷、コピーの機能を無効にします」をクリックしてチェックを付けるだけ。

「コメント権をもつ~」にチェックを付け、「完了」をクリックする

ただし、共有する相手を追加(招待)する際、相手の権限を「編集者」ではなく、「コメント可」もしくは「閲覧者」にしておかないと効果は無い。

もちろん、本機能を設定できるのはオーナーのみ。ローカルストレージやアナログ媒体へのコピーを禁止することでファイル、情報の流出を防げるため、特にビジネスでの利用シーンが多そうだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です