Windowsアプリ開発の御用達ツール「VisualStudio」の新版「Visual Studio 2015」が正式リリースされました。

Webアプリ全盛で、クライアントサイドでもWeb技術を使ったものが多くなっていますが、Windowsアプリを作る場合の標準ツールである「Visual Studio」の新版「 2015」がリリースされました。

最近は、Windowsアプリだけではなく、.NETを使ったWebアプリ開発なども行えるようになってきているのですが、技術基盤がどうしてもWindowsOSがベースになっているのでなかなか取り組みづらいところです。最新版はどのようになったのでしょうか。

 

米Microsoft Corporationは20日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio」の最新バージョン「Visual Studio 2015」を正式公開した。現在、同社のWebサイトからダウンロード可能。「Visual Studio 2013」の最新版「Visual Studio 2013 Update 5」も公開されている。

「Visual Studio 2015」では、新たにユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)向けのアプリやゲームの開発をサポート。スマートフォンやタブレット、PC、Xbox、IoTデバイス、拡張現実ヘッドセット“HoloLens”など、あらゆるWindows 10デバイスで動作するアプリケーションを開発することが可能。また、そのための新しいUIデバッグツールやXAMLデザイナー、プロファイリング機能、デバッグ機能なども提供される。

もちろん、既存の「Windows Forms」や「WPF」を使ったデスクトップアプリケーションの開発や、「ASP.NET 4.6」(正式版)「ASP.NET 5」(Beta 5、2016年第一四半期正式リリース予定)を利用したWebアプリケーションの開発も可能。Windows以外のプラットフォームをターゲットとした開発にも対応しており、「ASP.NET 5」と「.NET Core 5」を組み合わせてLinux/Macで動作するWebアプリケーションを開発したり、「Apache Cordova」「Xamarin」といったクロスプラットフォームフレームワークを使ってiOS端末やAndroid端末で動作するアプリケーションを開発可能。さらに、単体でも提供される「Visual Studio Emulator for Android」を利用すれば、Android端末での動作をテストすることもできる。

そのほかにも、「Type Script 1.5」や「Visual F# 4.0」などの言語ツールが「Visual Studio 2015」に合わせて正式リリースされたほか、「Visual Studio」を“GitHub”と統合する拡張機能「GitHub Extension for Visual Studio」がMITライセンスでオープンソース化されている。

「Visual Studio 2015」には「Visual Studio Community」、「Visual Studio Professional with MSDN」、「Visual Studio Enterprise with MSDN」(“Premium”と“Ultimate”を統合)という3つの主要エディションがラインナップされており、「Visual Studio Community」は無償で利用可能。そのほかにも、入門向けの無償版「Visual Studio Express 2015」が“Desktop”“Web”“Windows”の開発ターゲット別に用意される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA