Google自身でも有料音楽サービスを開始

Appleが、同様の音楽配信サービスをはじめました。また、LINEも同様の音楽配信サービスをはじましたが、無料期間が終わったあとは退会者が続出するなどなかなか難しい状況になるようです。

そんななか、Googleも音楽配信サービスを開始しました。Googleといえば、検索サービスを無料で提供しているし、どちらかというとオープンな会社という位置づけが過去には多かったですが、最近はこのような有料系サービスなどを手がけることが多いように感じます。経営のためには、やむをえないところがありますが、Googleはどこへ行こうとしているのでしょうか?

 

有料の音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」が日本でも公開された。

月額制サブスクリプションサービスに登録すると、国内外のメジャー、インディーズの音楽レーベルの3,500万曲以上に、スマートフォンやタブレット、PCなどから無制限にアクセスできるようになる。サブスクリプションサービスの月額料金は980円。登録後の最初の30日間は無料。また、10月18日までに申し込むと、月額780円が適用となる特別プランをある。

「Google Play Music」有料音楽ストリーミングサービス、日本でも開始

また、曲やアルバムごとに音楽を購入できるストアもオープンした。さらに、CDやiTunesなどで購入した音楽を、無料で5万曲までクラウドに保存できる機能も公開された。サブスクリプションで聞く曲も、購入した曲も、自分のコレクションから追加した曲も、すべてGoogle Play Musicアプリからシームレスに聴くことができる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です