Vagrantの後継サービスがリリースされたようです。

XAMPP以降の開発環境構築ツールとして、デファクトスタンダードとなってきていたVagrantですが、その後継サービスがリリースされたようです。

 

米HashiCorpは、開発環境と本番環境を自動で構築可能なツール「Otto」を、9月28日(現地時間)に公開した。

Ottoは、同社が開発した環境構築ツール「Vagrant」の後継となるツールで、設定なしでプロジェクトの種類を判別し、自動的に開発環境を構築できる。また、デプロイが可能な状態になったら、インフラやサーバ、アプリケーションを含む本番環境の構築にも対応する。

HashiCorpは、Vagrantの開発を通じて、開発環境の言語ごとの類似性や、本番環境の構築手段の必要性、サービス固有の環境構築の難しさについて多くの知見を得ており、Ottoにはそのノウハウが注ぎ込まれている。

【関連リンク】
HashiCorp(英語)
「Otto」(英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA