さくらのSSLが商品ラインアップを拡大。でもまだ高いような・・・

さくらインターネットが、SSL証明書を提供するサービス「さくらのSSL」のサービスラインアップを拡大したようです。内容としては、ワイルドカードの低価格版が月額9000円程度のようです。

ワイルドカードなのでどうしても高額になるのは仕方がないのですが、現在低価格系の証明書を自分で導入すると安価で済むことを考えるともう少し価格を下げてもよいのかなとも思います。

さくらインターネットは12月10日、SSLサーバー証明書の販売サービス「さくらのSSL」において、新たに3つのプランをラインアップした。これにより、さくらのSSLが提供するプランは合計で12となった。

追加されたSSLサーバー証明書の新プラン

今回追加されたのは、サイバートラストの企業認証SSL「SureServer ワイルドカード for SAKURA」、ジオトラストのEV認証SSL「トゥルービジネスID with EV」、シマンテックのEV認証SSL「セキュア・サーバID EV」の3つ。

SureServer ワイルドカード for SAKURAは、同一ドメイン下の複数サブドメインを1枚の証明書で暗号化できる。月払いでの支払も可能。

また、トゥルービジネスID with EV、セキュア・サーバID EVの2つは、サイト運営組織の実在性を厳格に認証するEV SSL証明書となる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です