Flashの今後について。やはり序所に消えてゆく運命のようです。

Flashとえば、一時期はリッチコンテンツを制作する際のデファクトプラットフォームだったのですが、最近はHTML5+JavaScriptに押されたりして中々厳しい立場にいます。

その中でFlashを開発しているAdobeが開発ルールの名称からFlashを消しました。その意図と今後について・・・

前述Googleのようなプラットフォームやインフラ提供事業者のほか、他ならぬAdobe自身がHTML5への移行を促す状況で、業界全体がFlash排除に向けて一致団結しているように見える中、広告配信や動画配信サービスでのHTML5完全移行に一部障害があるなど、必ずしもこのトレンドを歓迎している空気ではない。おそらくは、今後数年をかけて緩やかにFlashの利用比率を減らしてHTML5へと移行していくことになるだろう。

2016年1月に提供が行われるAnimate CCでは、新たに4K動画再生サポートなどの新機能が追加される一方で、引き続きSWF形式のFlashコンテンツやAIRコンテンツの書き出しが可能になっている。InfoWorldによれば、Flash Player自体が少なくとも今後5年はサポートされるということで、いきなり制作環境や実行環境がなくなることはなさそうだ。前述のように、HTML5では動画コンテンツまわりの配信技術にまだ課題があるため、技術的にも完全にFlashの領域をカバーできるわけではない。おそらくは、Macworldが言うように「Adobe isn’t killing Flash, just changing the name of the tool that makes it(AdobeはFlashを殺すのではなく、それを制作するためのツールの名称を変更しただけ)」というのが正しいのだろう。

とはいえ、Flashの名称が製品ラインナップから消えたインパクトは大きい。Flash Professional CC改めAnimate CCは今後もクリエイターの制作ツールであることには変わりないが、「Flashコンテンツを作る」という意識は薄まっていくだろう。

先ほどのW3Techsのグラフに則れば、あと2~3年ほどでFlashコンテンツの比率が1%を切ることになる。クリエイターの意識次第の部分はあるが、最後は技術的に完全移行が難しい部分のみが残る形で、Flashは緩やかな死を迎えるのかもしれない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です