年末年始のあけおめコールの通信遅延は最近は現象傾向のようです。

一時期は、携帯電話各社ともさかんにアナウンスしていたあけおめコールの自粛です。

時間も深夜から朝方までの数時間にわたることが多かったと思いますが、最近は知見が深まったのかそこまでひどくはならないようです。

 

電気通信事業者協会(TCA)、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、大晦日~元日の午前0時ごろから約30分間、通話やメールが集中して繋がりにくくなることが予想されると案内、その間は「おめでとうコール・メール」を控えるよう、ユーザーに協力を求めている。

毎年恒例となった「おめでとうコール・メール」に関する案内。かつては2時間程度、通信が混雑して利用しづらくなるとのことだったが、2016年を迎える今回は影響を受ける時間が、大晦日~元日の午前0時ごろから30分程度とされている。この時間帯は、一時的に通話やメールが一時的に制限される可能性があり、携帯各社はユーザーの理解と協力を求めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA