ニコンが次世代のデジタル1眼D5とD500を発表したようです。

ニコンは、デジタル一眼レフのフラッグシップモデルD5とD500を発表したようです。この前のモデルであるD4が発売されてからしばらくたっており、新製品の発売が待たれていましたがようやく発売になります。

価格は、D5が70万円台、D500でも30万円台とおせじにも安いとはいえない価格ですが、興味がそそられますね。

 

ニコンは1月6日、普及クラスの一眼レフデジカメとしては最上位モデルとなる「ニコン D500」を発表した。3月発売予定。

同時発表された「ニコン D5」と同様の新世代AFセンサーや画像処理エンジンを搭載しつつも撮像素子はニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)を採用することで価格やボディサイズを抑えた普及型モデル。ボディは炭素繊維複合材やマグネシウム合金を利用したモノコックボディを採用し、小型軽量となっている。

撮像素子は23.5×15.7mmの2088万画素CMOSセンサー。常用感度はISO 100~51200で、ISO 1640000相当の増感も可能。4K UHD(3840×2160ドット/30fps)動画の撮影も可能。約10コマ/秒の高速連写は200枚のロスレス圧縮記録も可能。

液晶は上向き最大約90度から下向き最大約75度まで角度可変

背面にはタッチ操作/チルト機構装備の3.2型液晶モニターを搭載。Bluetooth LEによるスマホと通信可能なほか、D5同様に無線LANワイヤレストランスミッターも利用可能。記録メディはXQD/SD/SDXCカード。

キットレンズには5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」がセット

本体サイズは約147×115×81mm、重量は約850g。ボディ単体に加え、5倍標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」が付属した標準キットも用意される。価格は単体、レンズキットともにオープンプライス。ヨドバシカメラではすでに予約を受け付けており、価格は34万200円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA