ウェブサービスの成功の秘訣?あたりまえといえばそうなんだけどね。

ウェブサービスの成功の秘訣について、興味深いブログを見つけました。

ある種の人々とっては有名な方ですし、書いてある内容もそうだよねという感じですが、紹介します。

 

ネットサービスが表現すべき数値的価値

沢山の人が利用しているネットサービスには、大体、必ず代表的なKPIが存在します。

Twitterならフォロワ数、Facebookならいいね数、ブログならPVなどがそれです。

ツイキャスやニコ生のような動画コミュニケーションに、単純な延べ閲覧数は本質的ではありません。動画の場合は、やっぱりどれだけ長く閲覧されて、どれだけコメントをもらったり、アイテムをもらったり、お気に入りに登録されて継続閲覧してくれるかなどが配信者が継続的に配信するモチベーションに繋がっていくものと考えられます。Youtubeのチャンネル登録などもそこですね。

改めて当たり前のことを思ったのですが、KPIについては、「そのサービスが本質的に提供している価値に連動しているもの」と密接につながっていることが必要なのではないかと思います。

敵か味方か!KPIハックという撲滅するか懐柔すべき存在

KPIの成立要件そのものが、そのサービスの魅力で、沢山の人に使われたとします。

SNIP

「評判が高いから検索ランクの上位に表示されてPVが増える」

のを逆手に取って、

「検索ランクの上位にどうにか出て、PVを増やす」

などの行為です。

これらの生態系を作っているプラットフォーマーは、サービスが大きくなった後に、如何にエコシステムが健全に育つか?ということに力を割くことになります。そして、それが成功したサービスだけが生き残り、その序列が、ユーザーの人間としての根源的欲求と密接に繋がり、定着することで、さらなる飛躍に繋がることになります。

これらは日常の運用の中で必ず行われているハズです。

プラットフォームサービスは、そのエコシステムを作り、維持し続けるのが仕事です。

SNIP

エコシステムを健全なビジネスモデルとして実現することで、継続するためのお金というエネルギーを得て、より正しい方向に回転していきます。

それ故に、プラットフォームサービスにおいては、マーケティングの名の下でそのサービスの成功法則をハックしてくる人たちを如何に撲滅するか?もしくは、自社ビジネスの成長要素として懐柔するか?のどちらかの作戦が求められます。

僕はこう思った

繰り返しになりますが、ネットサービスの代表的なKPIは、ユーザーの根源的な欲求や心地よさとつながっていることが求められます。

SNIP

ネットサービスを設計する時には、

・そのサービスで実現したいことは、ユーザーにとって快適か

に加えて、

・ユーザーが快適なエコシステムに繋がるわかりやすいKPIを、そのサービスは提供できているか?

をちゃんと考えておくことが重要そうですね。少なくともサービスのわかりやすさの表現に寄与すると思いますので、企画意図が明確になるので利用しない手はありません。

グロースするための数値要素は予めちゃんと設計して企画書の1ページに書き記しておけ」、と言っておくのが一番良い気がしました。

良いサービスには、良いKPIがわかりやすく存在してるんだから、新しいネットサービスも、ちゃんとそこ設計しようね、という話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA