Debian(etch)でのMailman+Postfix設定

まずは、ベースのpythonをapt-getでインストール

apt-get install python python-dev
?

注:現在のバージョン2.1.9では国際化が完了しているので
python-japanese-codecsは必要ない模様。

まずは、mailmanユーザーを追加

# /usr/sbin/groupadd mailman
#### /usr/sbin/useradd -g mailman -s /bin/false -d /usr/local/mailman mailman
# chown mailman.mailman /usr/local/mailman
# chmod 02775 /usr/local/mailman

次にmailmanをインストール

apt-get install mailman

/usr/share/doc/mailman以下にあるREADME.DebianとREADME.POSTFIXにしたがって、設定ファイルを変更する。
/etc/mailman/mm_cfg.pyの編集

# vim /var/lib/mailman/Mailman/mm_cfg.py

末尾に追加
DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = ‘ja’      # 日本語表示
DEFAULT_EMAIL_HOST = ‘hogehoge.jp’     # メールサーバのホスト名
DEFAULT_URL_HOST = ‘hogehoge.jp’       # web管理画面用のホスト名
MTA = ‘Postfix’

# vim /etc/postfix/main.cfを編集

alias_maps = hash:/etc/aliases,hash:/usr/local/mailman/data/aliases

次は、パーミッションの設定。 /var/lib/mailman以下のディレクトリのパーミッションを変更する

ここで、ターミナルソフトをEUCへ変更する

# cd /var/lib/mailman
# ./bin/check_perm
# ./bin/check_perm -f

このcheck_permのコマンドを実行するとパーミッションがおかしいところがでてくるので修正する

ここで「問題なし」と表示されるまで行う。

# cd /usr/local/mailman/data
# touch aliases aliases.db
# chown mailman.mailman aliases*
# chmod g+w aliases*

# chown -R list:list /var/lib/mailman/
# chown list:daemon /var/lib/mailman/data/aliases*
# chmod 666 /var/lib/mailman/data/aliases*
# /var/lib/mailman/bin/genaliases

ここで再度ターミナルソフトの文字コードをEUCへ変更

var/lib/mailman/bin/genaliases
次に、サイトパスワード(mailmanにおけるrootパスワード)を作成

# /var/lib/mailman/bin/mmsitepass パスワード
# /var/lib/mailman/bin/newlist mailman
# cp /usr/local/mailman/scripts/mailman /etc/init.d/mailman
# update-rc.d mailman defaults
# /etc/init.d/mailman start

参考サイト
メーリングリストサーバー構築(Postfix+Mailman編)
http://fedorasrv.com/postfix-mailman.shtml

Debian Mailman
http://www.unix-power.jp/linux/mailman.html

Mailman覚え書き
http://www.aise.ics.saitama-u.ac.jp/~gotoh/Mailman.html

Follow me!